住まいるダイヤルで受け付けた電話相談のなかから、消費者の皆様に参考となる相談事例を紹介したものです。

その他の事例はこちら

訪問販売による屋根工事

相談ID:88

Q:  先日、突然訪問販売業者がやってきて、「おたくの屋根瓦はもう古くて危険だ。屋根に乗らせて調べさせてくれ」と言われました。その時は主人もいなくて不安だったので断わりました。ああいう訪問販売は良くないのでしょうか。
A: 訪問販売だからといって、すべてが悪徳業者だというわけではありませんが、なかには、突然やってきて修理が必要だと言い、契約を急がせ、高額な費用をとる業者がいることも事実です。ご相談いただいた営業活動は、氏名も告げず、勧誘を受ける意思を確認していない点で、特商法3条及び同法3条の2に違反している疑いがあります。
屋根に限らず、住宅の修理を行おうと考えているのでしたら、安易に業者を決めず、複数の業者から合見積りをとり、家族とよく相談してから契約することをおすすめします。

このウィンドウを閉じる

ページのTOPへ