住宅かし保険の紹介

安心して住宅を取得・リフォームできる仕組みとして、新築住宅、リフォーム工事、中古住宅の売買を対象とした3つの住宅かし保険があります。

新築住宅の取得を支える仕組み

住宅かし担保責任保険
新築住宅の住宅かし担保責任保険は、正式には住宅瑕疵担保責任保険と言います。
この保険は住宅瑕疵担保履行法で義務付けられた資力確保措置の一つとして、事業者が住宅専門の保険会社に加入する保険です。これにより、万が一、事業者の倒産などにより、かしの補修等が行われない場合には、購入者の皆様に保険会社から保険金が支払われます。

住宅かし担保責任保険が付された住宅であれば、さらにご利用頂けるサービス(電話相談・専門家相談・紛争処理)があります。

住宅リフォームを支える仕組み

リフォームかし保険
リフォームかし保険は、リフォーム時の検査と保証がセットになった保険制度です。
加入するためには対象となるリフォーム工事の検査を行い合格することが必要です。
万一、リフォーム工事に欠陥(保険対象部分にかし)が見つかった場合でも、リフォームかし保険に加入していれば、保険金(補修費用等)が事業者(事業者が倒産等の場合は発注者)に支払われ、無償で直してもらうことができます。
リフォームかし保険は、「通常のリフォーム工事の場合」「マンション大規模修繕工事の場合」の2つのタイプがあります。

リフォーム事業者検索システム

住宅のリフォーム工事の発注者(又は発注予定者)であれば、さらにご利用頂けるサービス(専門家相談)があります。

中古住宅の取得を支える仕組み

既存住宅売買かし保険
既存住宅売買かし保険は、中古住宅の検査と保証がセットになった保険制度です。
加入するためには対象となる住宅の検査を行い合格することが必要です。
万一、売買された中古住宅に欠陥(保険対象部分にかし)が見つかった場合でも既存住宅売買かし保険に加入していれば、保険金(補修費用等)が事業者(事業者が倒産等の場合は買主)に支払われます。
既存住宅売買かし保険は、「売主が宅建業者の場合」「売主が宅建業者以外(個人間売買)の場合」の2つのタイプがあります。

登録宅建業者及び登録検査機関は以下から検索できます。

売主が宅建業者の場合

 

売主が宅建業者以外(個人間売買)の場合

既存住宅売買宅建業者検索システム

 

既存住宅検査機関検索システム

ページのTOPへ