重要なお知らせ

<注意> リフォームの訪問販売に関する相談が、近年増加しています。

2014年12月9日

リフォームの訪問販売に関する相談が近年増加していますので、お知らせします。

1.リフォームの訪問販売に関する相談件数

2013年度に「住まいるダイヤル」で受け付けたリフォームに関する相談9,013件のうち、訪問販売に関する相談は764件ありました。これは、昨年度に比べて50%増加しています。
リフォームの訪問販売に関する相談件数は下図の通りで、悪質な訪問販売による高齢者の被害が新聞等の記事に取り上げられた2005年度から2009年度頃まで減少傾向でしたが、2010年度から再び増加傾向が見られます。
また、(独)国民生活センターのPIO-NET(注1)に寄せられた訪問販売によるリフォーム工事のトラブル件数も増加しており、2013年度は7千件を超えています。(注2)

訪問販売によるリフォーム工事の全てに問題があるわけではありませんが、相談事例の中には、事業者が突然やってきて契約を迫ったものや、不安をあおって不必要な工事を次々に契約させたものがあります。事業者から言われるままに契約をせず、工事内容、工事費用の積算根拠や事業者の実績など慎重に検討してから契約する必要があります。
訪問販売によるトラブルを防ぐためには、家族や親族などの信頼できる方や「住まいるダイヤル(0570-016-100)」などの公的な相談窓口へ相談することをおすすめします。

(注1)PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)とは、国民生活センターと全国の消費生活センターをネットワークで結び、消費者から消費生活センターに寄せられる消費生活に関する苦情相談情報(消費生活相談情報)の収集を行っているシステムです。((独)国民生活センターHPより抜粋)
(注2)参考となる(独)国民生活センター発表資料 (アンダーラインをクリックすると、(独)国民生活センターの該当ページに移動します)
訪問販売によるリフォーム工事

一覧へもどる

ページのTOPへ