重要なお知らせ

<注意> リフォームの訪問販売に関する相談が、近年増加しています。

2014年12月9日

リフォームの訪問販売に関する相談が近年増加していますので、お知らせします。

2.リフォームトラブルを予防するための注意事項

リフォームに関する相談には様々な内容が見られますが、設計図書や契約書等の書面の不備や、発注者と受注者の合意不足が原因と考えられるトラブルが少なくありません。「住まいるダイヤル」の相談事例には「見積書や設計図書がないのに契約をしてしまった」「すすめられるままに契約をしてしまった」「工事変更や追加工事などが合意のないまま実施されてしまった」等のトラブルが多く見られます。
リフォーム工事を進める際には、以下のような事項に注意をすることによって、多くの場合、トラブルを予防することができます。また、「住まいるダイヤル(0570-016-100)」では、消費者の方を対象に、契約前のリフォーム工事の見積書をチェックして、電話で助言を行うサービスを行っていますので、ご利用ください(リフォーム見積チェックサービスのご案内はこちらをご覧ください)。
訪問販売でリフォーム工事をすすめられた場合は、その場で契約せずに、ご家族などの身近な方や、「住まいるダイヤル」に相談することをおすすめします。

一覧へもどる

ページのTOPへ