重要なお知らせ

<注意> リフォームの訪問販売に関する相談が、近年増加しています。

2014年12月9日

リフォームの訪問販売に関する相談が近年増加していますので、お知らせします。

3.訪問販売に関する相談事例

住まいるダイヤルで受け付けた訪問販売に関する相談事例を紹介します。

訪問販売業者から外壁と屋根のリフォーム工事をすすめられている。契約しても問題ないか。

訪問販売事業者が築10年の木造住宅の外壁モルタルにひびが入っているので塗装をした方がよいとすすめてきました。その際、屋根も調べ、スレート瓦に変色やズレが見られるので補修と塗装もした方がよいと、撮った写真も見せながらすすめてきました。昨日、事業者が見積書を持参し、再来週には契約書をもって来ることになっていますが、契約しても問題ないでしょうか。 

(相談回答は、こちら

「保険金が使える」と勧誘され、屋根工事の契約をした。信用できるか。

高齢の両親が、築40年の木造住宅で暮らしています。先日、見ず知らずのリフォーム業者が、「保険で屋根の葺き替え工事をしないか」と訪ねて来ました。
リフォーム業者は「住宅の火災保険は、自然災害で屋根が壊れた場合にも使える」「損傷は経年劣化によるものだが、強風で屋根が傷んだことにすれば保険金が70万円くらい出るので、実質無料で工事ができる」「保険会社への申請手続きはすべて当社が代行する」と言ったそうです。
両親は喜び、その場で70万円の屋根工事契約を結びました。来週から工事が始まりますが、私は、話がうますぎて不安を感じています。このような工事をして大丈夫でしょうか。

(相談回答は、こちら

上記の他に、住まいるダイヤルのホームページに掲載をしている相談事例((1)電話相談事例、(2)専門家相談事例(弁護士と建築士による面談))の中から、参考となる事例を紹介します。(以下のアンダーラインをクリックして下さい。)
※相談事例は、消費者の皆様に分かり易く参考となる様に、実際の相談内容の一部を加筆修正するなど再構成しています。
同様なトラブル等であっても、個々の契約等の状況が異なる場合がありますので、そのまま参考にすることができないことがあります。

(1)電話相談事例 [電話相談のご案内はこちらをご覧ください。]

(2)専門家相談事例 [専門家相談のご案内はこちらをご覧ください。]

住まいるダイヤルに寄せられた様々な相談事例はこちらからご覧いただけます。

財団が作成した住宅相談統計年報に、「リフォームの訪問販売に関する相談」に関する相談件数や傾向等に関する情報を掲載しています。「住宅相談統計年報」は、ホームページでご覧いただけます。

一覧へもどる

ページのTOPへ