住宅金融支援機構木造住宅工事仕様書の仕様変遷

※閲覧したい仕様書の年度や工事種別を選択してください

仕様書の年度 工事種別

■仕様書の変遷  ○木造住宅工事仕様書の仕様変遷の見方
※年度の下の番号をクリックすると住宅金融支援機構のHPに掲載されている当該年度の仕様書(PDF)にリンクします。
年代
昭和20~30年代
年度
仕様書へのリンク
備考
工事種別
昭和26年(1951)
1
昭和35年(1960)
1
昭和37年(1962)
1
■建築基準法制定(S25年)
[旧新耐震設計法] 
   

基礎工事

基礎の設置
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

基礎の構造(適用)


■基礎の構造
 布基礎

■基礎の構造
 布基礎

■基礎の構造
 布基礎

基礎工事

布基礎

構造・寸法


■構造
・コンクリート
・石積(平家建て)
・れんが(平家建て)
(※参考図にて表記)



■構造
・コンクリート
・石積(平家建て)
・れんが(平家建て)
(※参考図にて表記)
〔追加〕
■立上り高さ
・立ち上がり高さは240mm以上
(※参考図にて表記)
■各部寸法
・根入れ深さは地面より120mm以上
・布基礎の幅は120mm
(※参考図にて表記)



■構造
・コンクリート
・石積(平家建て)
・れんが(平家建て)
(※参考図にて表記)
■立上り高さ
・立ち上がり高さは240mm以上
(※参考図にて表記)
■各部寸法
・根入れ深さは地面より120mm以上
・布基礎の幅は120mm
(※参考図にて表記)
〔追加〕
■底盤の設置
・2階建は底盤を設置
(※参考図にて表記)

基礎工事

べた基礎

構造・寸法
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

腰壁

1階の浴室まわり
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

コンクリート


■コンクリート
・現場練りコンクリートの場合は、セメント、砂、砂利の調合は、容積比にして
 無筋コンクリート 1:3:6
を標準とし、練り方は、から練り、水練り

〔追加〕
■コンクリート
・現場練りコンクリートの場合は、セメント、砂、砂利の調合は、容積比にして
 無筋コンクリート 1:3:6
 鉄筋コンクリート 1:2:4
を標準とし、練り方は、から練り、水練り

■コンクリート
・現場練りコンクリートの場合は、セメント、砂、砂利の調合は、容積比にして
 無筋コンクリート 1:3:6
 鉄筋コンクリート 1:2:4
を標準とし、練り方は、から練り、水練り

基礎工事

鉄筋
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

アンカーボルト


■アンカーボルトの品質・寸法
・径13mm
■その他
植込ボルトの露出部はコールタール塗り

■アンカーボルトの品質・寸法
・径13mm
■その他
植込ボルトの露出部はコールタール塗り

■アンカーボルトの品質・寸法
・径13mm
■その他
植込ボルトの露出部はコールタール塗り

基礎工事

床下換気
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

床下防湿
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

基礎断熱工事

断熱材の施工
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

基礎断熱工事

断熱材の施工位置
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

基礎断熱工事

断熱材の厚さ
該当なし

該当なし

該当なし

基礎工事

基礎断熱工事

床下防湿・防蟻措置
該当なし

該当なし

該当なし

ページのTOPへ