補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(枠組壁工法)】

基礎のひび割れ・欠損充填工法K-2-502
木軸・木枠
工事概要

コンクリート表面のはがれ、剥落の生じている欠損部にエポキシ樹脂モルタル(又はポリマーセメントモルタル)を充填する工法である。(参考:参考文献4)


エポキシ樹脂モルタル充填の場合
(鉄筋が露出している場合)
(引用:参考文献4)


ポリマーセメントモルタル充填の場合
(引用:参考文献2)
対応する不具合と原因 不具合
  • 基礎のひび割れ、欠損(K-2)
原因
  • 基礎の断面寸法等の不足
  • 基礎の配置・間隔不良
  • 基礎の補強筋の不良
  • 床下換気口等、開口部補強等の不良
  • 施工方法の選択不良
  • コンクリートの打設不良、養生不良
  • 仕上材の施工不良
適用条件
  • 欠損の原因が、構造耐力上の問題によらない場合に適用する。
  • 欠損の原因が、構造耐力上の問題による場合は、補修工事の実施によりその問題が取り除かれていることが専門家の調査により確認された場合に限り適用する。
  • ポリマーセメントモルタルは、1回に可能な塗り厚が少ないため、欠損が深い場合は、エポキシ樹脂モルタルが適する。(参考:参考文献2)
  • 鉄筋の露出または錆汁の発生している比較的大きな欠損部にも適用可能である。
  • 補修により、美観上の問題が生じないことが確認された場合に限り、適用する。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査により適用条件を満たしていることを確認する。
ひび割れ・欠損の状況を確認し、工事計画を立てる。
充填材、プライマーの選定を行う。
2.仕上材等の撤去
施工する基礎回りの地盤を10~15cm程度掘り下げる。
必要な場合は、施工範囲をシート等で養生する。
外装仕上材を撤去し、コンクリート表面を露出させる。
3.欠損部の清掃
ぜい弱部をはつり取り、健全なコンクリート下地を出す。(参考:参考文献7)
鉄筋が露出している場合は、錆を除去し、防錆処理を施す。(参考:参考文献7)
鉄筋が露出していない場合でも発錆が推測される場合は、コンクリートをはつり取って鉄筋を露出させて、錆を除去する。
4.プライマーの塗布
下地面に刷毛等を用いてプライマーを塗布する。鉄筋が露出している場合は、鉄筋に防錆処理を行った後プライマーを塗布する。(参考:参考文献4)
5.充填剤の充填
エポキシ樹脂モルタル(またはポリマーセメントモルタル)を充填する。
ポリマーセメントモルタルの場合は、だれが生じやすいので数層に分けて塗る必要がある。(参考:参考文献2)
6.仕上材等の復旧
撤去した仕上材等の復旧を行う。
7.最終確認
工事の仕上りを確認する。
仮設、養生シート等を撤去し、後片付け、清掃を行う。
備考
  • コンクリート表面のはがれ、剥落の生じている欠損部の補修に関しては、平13国交告第1372号(最終改正H17.6.1)「建築基準法施行令第79条第1項の規定を適用しない鉄筋コンクリート造の部材及び同令第79条の3第1項の規定を適用しない鉄骨鉄筋コンクリート造の部材の構造方法を定める件」及び平12建告第1399号(最終改正H17.6.1)「耐火構造の構造方法を定める件」を参照のこと。
  • コンクリート表面のはがれ等、鉄筋のかぶり厚さが不足する場合の補修に関しては、大別して次の2種類の補修方法がある。(参考:参考文献1)
    コンクリートを増打ちするか又はコンクリートに用いられているものと同等以上の性能を有するセメントモルタルを使用して補修する方法。
    エポキシ樹脂モルタル(使用量の少ない軽微な補修に限る。)やポリマーセメントモルタル等のコンクリート以外の材料を使用して補修する方法。
  • エポキシ樹脂モルタルやポリマーセメントモルタル等を用いる場合は、上記の告示により材料の品質、強度、防火上の性能と使用範囲が定められており、また補修部分の断面積は、部材断面の5%以下(ただし、母材と同等以上の強度を有し、架構の一部のみである場合には部材断面積の30%以下)であることが想定されている。(引用:参考文献1)
  • エポキシ樹脂モルタルやポリマーセメントモルタル等を用いる場合は、防火上支障のないものであることが求められており、防火上支障のない補修材料・工法の具体的な選定方法については、国立開発研究法人建築研究所の建築研究報告№147「鉄筋コンクリート造建築物のかぶり厚さ確保に関する研究」等を参考にすることができる。(引用:参考文献1)
  • エポキシ樹脂モルタルは、1回の塗り厚が大きくできるので施工性が良いが、セメント本来の成分とは異なるので注意する必要がある。(参考:参考文献2、参考文献4)なお、エポキシ樹脂モルタルはそれ自体が可燃性材料なので、亀裂や軽微な欠損部に充填する場合等、使用量の少ない軽微な補修では使用できるが、かぶりコンクリートとして部材表面等に塗布するような使用方法はできない。(引用:参考文献1)
  • ポリマーセメントモルタルは、エポキシ樹脂に比べてダレが生じやすいので、数層に分けて塗る必要があり、1回の塗り厚は7㎜程度(20mm程度を限度)とする。またモルタルと同様に硬化収縮率が高く、ひび割れが発生しやすいので、施工条件によっては適切な養生が必要である。養生期間は7日以上必要である。(引用:参考文献2)

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 建築工事監理指針 平成28年版(第1版)(上巻)[p481(6.9.6)(c)(2)](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一社)公共建築協会 (一社)公共建築協会
2 建築改修工事監理指針 平成28年版(第1版)(上巻)[p333図4.1.5,p356~359(4.2.2) ,p399~400(図4.3.7)]
(国土交通省大臣官房官庁営繕部)
(一財)建築保全センター (一財)建築保全センター
3 建築改修設計基準及び同解説【絶版】 平成11年版[p.63](建設大臣官房官庁営繕部) (財)建築保全センター (財)建築保全センター
4 打放しコンクリート外壁の補修・改修技術[p.116~118](建設大臣官房技術調査室) 外装仕上げおよび防水の補修・改修技術出版企画編集委員会
(財)日本建築センター
(財)建築保全センター
(財)日本建築センター
(財)建築保全センター
5 建築改修実務事典[p.324] 建築改修実務事典編集委員会 (株)産業調査会事典出版センター
6 鉄筋コンクリート造建築物の耐久性調査・診断および補修指針(案)・同解説[p.163~171] (社)日本建築学会 (社)日本建築学会
7 公共建築改修工事標準仕様書 平成28年版(第1版)(建築工事編)[p90 (4.3.3)(a)(b)](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一財)建築保全センター (一財)建築保全センター