補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(枠組壁工法)】

勾配屋根の変形(はがれ、ずれ、浮き)仕上材の留付け直し(瓦ぶき)R-1-501
木軸・木枠
工事概要

ずれ、浮きが生じている瓦を正規に留付け直す。


和瓦ぶき屋根の構成例(引用:参考文献1)
対応する不具合と原因 不具合
  • 勾配屋根の変形(はがれ、ずれ、浮き)(R-1)
原因
  • 下ぶき材・屋根ふき材等の取付け不良
適用条件
  • 屋根勾配に適合した仕上材であること。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査により上記の適用条件をみたしていることを確認する。
必要に応じて足場を設置し、養生を行う。
目視検査及び打音検査を行う。
2.瓦の留付け直し ずれ、浮きを生じている瓦を正規に留付け直す。
割れた瓦は新しい瓦と差し替える。
瓦のずれやはがれ、割れ等が発見された場合は、単に瓦の補修・交換だけでなく、水切鉄板、下ぶき材や野地板も損傷を受けている可能性があるため、それらについても調査をし、傷んでいる場合は補修する。
3.最終確認
屋根仕上材の不陸、浮き等がないことを確認する。
降雨時に浸水がないことを確認する。
止水を確認するまで仮設は撤去しないことが望ましい。
足場、養生等を撤去のうえ、片付け、清掃を行う。
備考
  • 屋根勾配が大きい場合は、建物囲いに片足場を組み、屋根面にも足場を設け、安全を図る。
  • 屋根ふき材の構造計算をする場合は、建基法告示平12建告第1458号「屋根ふき材及び屋外に面する帳壁の風圧に対する構造耐力上の安全性を確かめるための構造計算の基準を定める件」に準ずること。
  • 屋根仕上材等を交換する場合は、「公共建築改修工事標準仕様書」、「建築物の解体・改修工事等における石綿障害の予防(建設業労働災害防止協会)」等の文献等をもとに、石綿障害を予防するために必要な対策を講じる必要がある。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 土地・建物の不具合【絶版】[p24(図1-21)] (財)不動産適正取引推進機構 (株)東洋書店
2 公共建築改修工事標準仕様書 平成28年版(建築工事編)(第2版第1刷)[p345 (9.1.5(b))](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一財)建築保全センター (一財)建築保全センター
3 建築物の解体・改修工事等における石綿障害の予防(平成26年初版) p49~52 建設業労働災害防止協会 建設業労働災害防止協会
4 建築物の解体等に係る石綿(アスベスト)飛散防止対策マニュアル(平成29年12月) 東京都 環境局 環境改善部大気保全課 東京都 環境局 環境改善部大気保全課
5 「石綿(アスベスト)含有建材データベース」2015年2月版 国土交通省・経済産業省 国土交通省・経済産業省
6 瓦屋根標準設計・施工ガイドライン(追加版)(2012) [p69~70] 独立行政法人建築研究所監修・瓦屋根標準設計・施工ガイドライン編集委員会編集 (社)全日本瓦工事業連盟・全国陶器瓦工業組合連合会・全国厚形スレート組合連合会
7 建築工事標準仕様書・同解説 JASS12 屋根工事(2004)[p106~127,p128~135] (社)日本建築学会 (社)日本建築学会