補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(枠組壁工法)】

降雨による漏水棟部下地及びシーリング材の再施工W-1-503
木軸・木枠
工事概要

屋根下地材およびシーリング材を再施工する。



参考図
対応する不具合と原因 不具合
  • 降雨による漏水(W-1)
    <軒部からの漏水>
原因
  • 屋根工法・材料の選択不良、品質不良
  • 屋根の各部位の納まり不良、施工不良
適用条件
  • 安全に作業できるスペースが確保できること。
工事手順の例
1.事前調査
当事者からのヒアリングや現場の原因調査により、適用条件を満たしていることを確認する。
部分的なはがれなどによるものか、棟部全体のディテール不良によるものかを判断し、仮設規模を決定する。
2.(必要であれば)周辺屋根材のはがし
必要に応じて足場を設置し、養生を行う。
棟部は屋根材をはがしやすい部位であるが、棟換気部からの浸水であれば必要でない限り、はずさないほうが良い。

棟換気がある場合の下地の例(引用:参考文献1)

下ぶき材のかぶせ例

換気金物の取り付け例
3.水切金物、下ぶき材のはがし
(4.捨水切の施工)*
5.笠木および下ぶき材のかぶせ
(5.換気金物などの取り付け)*
(6.シーリング材の施工)*
7.棟板かぶせ
1)
釘(L=90)を打つ時は、あらかじめドリルにて瓦に穴をあけて釘打ちのこと
2)
釘(L=90)のピッチは、できるだけたる木に打てるように開口部の位置を調整のこと
8.片付け、清掃
9.最終確認
降雨時に浸水がないことを確認する。
足場、養生等の撤去を行う。止水を確認するまで仮設は撤去しない方ことが望ましい。
*( )は棟換気金物を使用する場合
備考
  • 棟換気金物を使用する場合は、当該製品の工事仕様書を厳守する。
  • 屋根材に石綿が使用されている場合は、石綿障害予防規則(平成17年2月24日厚生労働省令第21号)等に従って、①事前調査の義務、②作業計画作成の義務、③解体等作業届出の義務、④保護具の使用等の義務、⑤石綿除去・封じ込め・立入禁止等の措置の義務を遵守し、適切な対策をとる必要がある。
  • 屋根仕上げ材等を交換する場合は、「公共建築改修工事標準仕様書」、「建築物等の解体・改修工事等における石綿障害の予防(建設業労働災害防止協会)」等の文献等をもとに、石綿障害を予防するために必要な対策を講じる必要がある。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 クレーム削減のための改良施工法事例研究
[p19~20](絶版)
(社)日本木造住宅産業協会
生産技術委員会生産部会
(社)日本木造住宅産業協会
2 公共建築改修工事標準仕様書 平成28年版(第1版)[建築工事編p345(9.1.5(b))](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一財)建築保全センター (一財)建築保全センター
3 建築物等の解体・改修工事等における
石綿障害の予防(平成26年初版)p49~52
建設業労働災害防止協会 建設業労働災害防止協会
4 建築物の解体等に係るアスベスト飛散防止対策マニュアル(平成27年8月) 東京都 環境局 環境改善部大気保全課 東京都 環境局 環境改善部大気保全課
5 「石綿(アスベスト)含有建材データベース」2015年2月版 国土交通省・経済産業省 国土交通省・経済産業省