補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(枠組壁工法)】

室内空気の汚染通気措置を講じた建具への交換SK-1-004
木軸・木枠・RC造・S造
工事概要

建具の通気性を改善する。


換気経路にある通風を確保できる扉の例
(引用:参考文献1)
対応する不具合と原因 不具合
  • 換気量の不足
  • 汚染物質の滞留
原因
  • 換気経路上の建具に通気措置が講じられていない。
適用条件
  • 適切な換気計画を検討した上で建具による経路を設定する。
  • トイレ、洗面、台所などの空気が逆流しないように配慮する。
工事手順の例
1.事前調査
換気経路を検討する。
建具による換気経路とする必要がある部分の抽出をする。
2.建具工事
換気経路上の建具について、アンダーカットやガラリが設けられた建具に取り替える。
3.最終確認
換気量の確認を行う。
備考
  • 開きドアの場合、丁番等による戸の上下調整機能や戸下部の切断によって、必要なアンダーカットを確保できることがある。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 シックハウス対策のための住宅の換気設備マニュアル  [p17] 換気マニュアル作成委員会 (一財)ベターリビング