補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(枠組壁工法)】

床の傾斜たて枠によるまぐさの補強F-1-206
木枠
工事概要

傾斜の発生したまぐさをジャッキ等で持ち上げて傾斜を補正した上で、まぐさの下にたて枠を増設し、まぐさを補強する。


(chord作成)
たて枠によるまぐさの補強施工例
対応する不具合と原因 不具合
  • 床の傾斜(F-1)
  • 床のたわみ(F-2)
  • 外壁のひび割れ、欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
原因
  • まぐさの断面寸法の不足等
適用条件
  • まぐさが傾斜した場合に適用する。
  • 増設する壁等の直下に土台又は鉛直力を受ける壁があり、平面計画上は壁を増設しても支障がない場合に限る。
  • 開口巾が小さくなっても支障がない場合に限る。
工事手順の例
1.事前調査
現場での事前調査により、床梁の接合部に傷みがないことを確認する。
  • 補修(金物補強も含む)により構造耐力上安全であることを確認する。
2.足場の設置
傾斜したまぐさ直下の周囲に足場を設置する。この際ジャッキ等で持ち上げるため、足場の設置位置が障害にならないよう注意する。
  • 足場で床仕上げを傷つけないよう、シートおよびコンパネ等による保護・養生を行う。
3.仕上材・下張材等の撤去 以下の部分を取り外す。
開口の両面の壁および開口部上部の天井の仕上材、下張材等
建具がついている場合はその建具及び建具枠
4.荷重の仮支持
床に角材を敷き、その上にジャッキ(パイプサポート)等を設置し、まぐさにかかる床根太の荷重を仮受けする。
たわみや変形が生じないように複数本数のジャッキ(パイプサポート)等を設置する。
5.既存まぐさの傾斜の矯正(荷重を仮支持した後にも傾斜が残っている場合)
床に角材を敷き、その上にジャッキ(パイプサポート)等を設置し、まぐさの傾斜を矯正する。
6.補強たて枠の設置
傾斜が矯正された状態でまぐさの下に補強たて枠を取り付ける。
  • 設置時の緊結方法は、告示基準および公庫仕様書で定める緊結方法と同等以上とする。
7.ジャッキ等の撤去 以下のような方法にてジャッキ等の撤去を行う。
再度傾斜や変形がないことを確認しながら、徐々にジャッキ等をおろしジャッキ等を撤去する。
ジャッキ等を取り外しながら上階の床が水平であるかどうか水準器等を用いて確認する。
8.仕上材および下張材等の補修
取り外した開口の両面の壁および開口上部の天井の下張材、仕上材を張り直す。
取り外した建具枠及び建具を取り付ける。既存の建具にゆがみ等がある場合は調整し、限界を超えるものについては交換する。
9.最終確認
水準器等を用いて床仕上面の水平を確認する
工事全体の仕上がりを確認する。
足場などの撤去のうえ、片付け、清掃を行う。
備考 施工上の注意点
  • 補修対象のまぐさを受けるまぐさ受けの直下に、土台又は鉛直力を受ける壁がない場合は、ここに示す補修方法によらず、床梁が受ける荷重を既存の壁枠組に伝える適切な補修方法を採用する必要がある。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 枠組壁工法住宅工事仕様書 平成28年版(第1版)[p95(4.10)] (独)住宅金融支援機構 (株)井上書院