補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(枠組壁工法)】

外壁の傾斜集中荷重でたわんだたて枠を補強②G-1-205
木枠
工事概要

たて枠のたわみが軽微でない場合は、内外壁を撤去し、ジャッキ等を用いて水平を確保し、まぐさおよびまぐさ受けを取付けて補強し、たて枠のたわみを是正する。(場合によっては、くさび入れ、削り合せを行う。)


(chord作成)
集中荷重でたわんだたて枠の補強例
対応する不具合と原因 不具合
  • 外壁の傾斜(G-1)
  • 外壁のひび割れ、欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
原因
  • 枠組材の断面寸法等の不足、材料選択不良、品質不良、架構・接合方法の不良
適用条件
工事手順の例
1.事前調査
現場調査により不具合の程度および本補修方法の適用の可否を確認する。
2.足場の設置
たわんだたて枠の周囲に足場を設置する。
  • 補強たて枠を取り付けるために床を撤去する場合は、足場の設置位置が障害にならないように注意する。
既存の仕上材に傷や破損が生じないよう、養生シート、コンパネ等の養生板を設置する。
3.仕上材等の撤去
内壁・外壁の仕上材、下張材および付属設備機器等を撤去し、壁枠組を露出させる。
  • 内壁については廻り縁、巾木等も撤去する。
  • 外壁については是正階の上下枠が露出するまで撤去する。
4.たわみの是正
水平器,水糸等を使用し、たて枠のたわみを測定する。
たて枠のたわみをジャッキアップにより解消し、たて枠のたわみを測定する。
場合により楔入れ若しくは削り合わせを行い、是正確認をする。
5.まぐさ・まぐさ受けの取り付け
まぐさおよびまぐさ受けを取り付ける。
まぐさ下のたて枠に補強たて枠を取り付ける。
6.下張材の復旧
取り外した下張材を再施工する。
7.仕上材の復旧
既存の外壁仕上げに準じて施工する。
既存の内壁仕上げに準じて施工する。
付属設備機器を取付ける。
8.最終確認
外壁の垂直等及び工事全体の仕上りを確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け、清掃する。
備考
  • まぐさの断面は、構造計算または住宅金融公庫監修「枠組壁工法の構造計算-スパン表-」による。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 枠組壁工法住宅工事仕様書 平成28年版(第1版)[p95(4.10)] (独)住宅金融支援機構 (株)井上書院