補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(枠組壁工法)】

天井のたわみ天井根太の補強C-1-201
木枠
工事概要

くるい、ねじれ等ある天井根太に切り込みを入れ、側面に添え天井根太を添わせ、下地を水平にし、新しく天井を張り替える。


天井根太の補強例(chord作成)
対応する不具合と原因 不具合
  • 天井のたわみ(C-1)
  • 内装仕上材のひび割れ、はがれ等(I-2)
原因
  • 天井根太の断面寸法の不足、材料の規格選択不良、材料の品質不良、配置・支持間隔の不良、架構・接合方法の不良
適用条件
工事手順の例
1.事前調査
現場調査により、補強する天井根太のくるい、ねじれ等の状況を確認する。
2.足場の設置
補強する天井根太の直下の周辺に足場を設置する。
  • 足場の設置等により床等を傷つけないよう、シートおよびコンパネ等による保護・養生を行う。
3.天井材等の取り外し
補強する天井根太直下の天井の廻り縁、仕上材(壁紙、ボード)等を取り外す。
4.天井根太の補正
くるい、ねじれ等ある天井根太に切り込みを入れ、その天井根太に添わせて真っ直ぐな添え天井根太を入れる。 両面からCN90を200㎜間隔以内で上下千鳥に釘打ちして留め、天井根太のくるいを矯正する。
添え天井根太の両端は、壁の上に設ける。
5.天井の施工
天井仕上材の不陸、たわみ等がないことを確認する。
取り外した範囲の天井を施工する。
6.最終確認
工事全体の仕上りを確認する。
足場を撤去する。
片付け、清掃を行う。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 枠組壁工法住宅工事仕様書 平成28年版(第1版)[p120~p130(4.12.1~3)] (独)住宅金融支援機構 (株)井上書院