補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】

床のたわみ(ジャッキアップ+)スラブ下面鉄骨小梁新設F-2-304
RC造
工事概要
  • スラブ下面に鉄骨梁を梁間に架け渡し、ひび割れを樹脂注入により補修した後、鉄骨梁とスラブ下面の間に無収縮モルタルを充填し、床を補強する。
  • たわみ修正が必要な場合には、安全性が確かめられた場合に限り、床をジャッキアップした上で補強を行う。


概念図(chord作成)
対応する不具合と原因 不具合
  • 床の傾斜(F-1)
  • 床のたわみ(F-2)
  • 床振動(V-1)
原因
  • スラブ・梁の配筋方法の不良
  • コンクリートの打設の不良、養生の不良
  • 工事中の一時的な過荷重の積載
適用条件
  • 補強に伴う荷重の変動を考慮した長期荷重によって既存の架構に生ずる力が長期許容応力度内に収まっており、原則として躯体コンクリートに不良箇所がない場合に適用が可能である。
  • 鉄骨小梁を受ける大梁が荷重負担に耐えられること。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査により、適用条件を満たしていることを確認する。
たわみの状況、原因を確認し、施工計画をたて、工期を決定する。
2.内装仕上材等の撤去
当該住戸の(たわんだスラブの補修範囲の)下階住戸の壁、天井仕上材を撤去し、内装部分に対する養生を行う。
3.準備
器材・資材の搬入、仮設電源を準備する。
脚立足場板により、高さ1m程度の足場をつくる。
躯体の実測と墨出しをする。
(4)スラブのジャッキアップ
下階の床が下がらないようにH形鋼を梁から梁に架け渡し養生した上で、その上に鉄骨等で架台を組み、架台とスラブとの間に油圧ジャッキ(4台程度)を設置する。ジャッキアップするスラブに部分的に力がかからないようにH形鋼等で養生する。
レベルを確認しながら少しずつスラブをジャッキアップし、スラブのたわみを修正する。
ジャッキアップにより躯体にひび割れが発生しやすいので慎重に行う。
ジャッキアップにあたっては、下階のスラブや梁の中央部に過大な荷重が集中しないよう仮設支持を計画し、構造計算により構造安全性を確認する。
5.鉄骨小梁の設置
鉄骨小梁(H形鋼)の設置位置(スラブ下端より20~30㎜程度)に合わせて、ガセットプレート留付用あと施工アンカーを両側の大梁にセットする。
ガセットプレートをH形鋼にセットする。
H形鋼を設置し、ボルト締めを行う。

鉄骨梁による床スラブの補強の例
(引用 一部加筆:参考文献1)

既存躯体の精度に対応するためガセットプレートのボルト孔を水平方向ルーズとすることも検討する。
6.ひび割れ補修
スラブのたわみ及びジャッキアップにより生じたひび割れを樹脂注入工法で補修する。
7.無収縮モルタルの圧入と養生
H形鋼上部とスラブ下端のすき間(20~30㎜程度)に無収縮モルタルを圧入する。
圧入ののち、強度を確認、または所定の存置期間を確保する。


無収縮モルタルの圧入例
8.油圧ジャッキの取外し
9.鉄骨小梁の耐火被覆
鉄骨小梁に耐火被覆を行う。
10.内装仕上材等の復旧
撤去した補修スラブの床仕上げ、下階の床・天井仕上げを復旧する。
11.最終確認
水準器を用いて床仕上げ面の水平を確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け、清掃を行う。
備考
  • 補修工事に先立ち、管理組合(分譲共同住宅の場合)又は建物所有者(賃貸住宅の場合)を介して下階住戸居住者の承諾を得る必要があり、別途仮移転、住戸養生等が必要になる。
  • 振動に関する不具合に当該補修方法を適用する場合、「5.工事手順の例」におけるジャッキアップ工程は必要ない。
  • 炭素鋼ボルトの強度が240N/㎜2を超える場合の許容応力度等については建基法令第90条、第96条、建基法告示平12建告第1451号「炭素鋼のボルトのせん断に対する許容応力度及び材料強度を定める件」に依る。
  • あと施工アンカーを用いて補修を行う場合は平成13国交告第1024号「特殊な許容応力度及び特殊な材料強度を定める件」に適合する必要がある。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 建築技術1990年3月号[p.150~154] 小柳光生 (株)建築技術
2 (建設会社技術資料による) - -
3 2001年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針 同解説(国土交通省住宅局建築指導課) - (社)日本建築防災協会
4 「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」 国土交通省住宅局建築指導課 国土交通省 HP