補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】

外壁の傾斜柱の増打ち工法G-1-301
RC造
工事概要 柱のせん断強度および靭性を高めるため、既存柱を増打ち補強する工法で、以下2つの方式がある。
せん断型の補強:柱の上下には隙間を残し、増打ちをしない。
曲げ型の補強:柱の主筋は、床を貫通するように配筋する。

せん断型補強の場合 
工事概要図(引用一部加筆:参考文献2)
対応する不具合と原因 不具合
  • 外壁の傾斜(G-1)
  • 外壁のひび割れ・欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
  • 水平振動(V-2)
原因
  • コンクリートの打設の不良、養生の不良
  • 工事中の一時的な過荷重の積載
適用条件
  • 補強に伴う荷重の変動を考慮した長期荷重に対して既存の架構が長期に生ずる力に対する許容応力度内に収まっているもので、原則として躯体コンクリートに不良箇所がない場合に適用が可能である。
  • 柱幅増加による支障がない場合に適用可能な方法である。(採光条件、避難通路確保上の寸法条件など)
  • 帯筋が不足している場合にはせん断型の補強を適用する。
  • 帯筋の不足に加えて、主筋の不良・不足がある場合には曲げ型の補強を適用する。
  • 曲げ型の補強の場合は上下住戸と連続的に柱を増打ちするので、施工範囲の拡大が許容される場合に限り適用可能である。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査等により適用条件を満たしていることを確認する。
構造計画、施工計画の観点から、せん断補強型とするか、曲げ補強型にするかを検討・決定する。
2.準備
足場、仮囲いを設置する。
器材・資材の搬入、仮設電源を準備する。
3.既存仕上材の撤去・養生
施工に関わる部分の内装仕上材・サッシ等を撤去する。
  • 既存柱の構造体をあらわすためにモルタル等の仕上げもはつり、撤去する。
既存内装部分に対する養生を行う。
既存躯体の実測と墨出しをする。
4.ひび割れ補修
柱の構造ひび割れを樹脂注入工法で補修する。
5.既存柱の下地調整
既存柱のコンクリート素地面の目荒らしを行なう。
6.鉄筋加工・組立 <せん断型補強の場合>
帯筋又は溶接金網を完全閉鎖型となるように配筋する。

溶接閉鎖型フープを巻く工法
(引用一部加筆:参考文献3)

  • せん断補強筋はD10以上の鉄筋を用い、ピッチ100mm以下で配筋する。せん断補強筋比0.3%を確保する。

溶接金網を巻く工法(引用一部加筆:参考文献1,3)

<曲げ型補強の場合>
床をせん孔し、増設した主筋を通すように配筋する。*1

柱の曲げ補強工法(引用:参考文献2)
7.型枠の加工・組立
上部に打設投入口を残して型枠を組み立てる。
せん断補強型は上階梁下と下階梁上に3cm程度のすき間ができるようにせき板を設置する。
8.無収縮グラウトの圧入・養生
型枠下部よりに無収縮モルタルを圧入する。
後打ちコンクリートあるいはモルタルの強度は
Fc=21N/㎜2以上かつ既存建物のコンクリート強度以上とする。
グラウト圧入ののち、コンクリートおよびモルタルの強度を確認、または所定の存置期間を確保した上で、型枠を解体する。
9.内装仕上材等の復旧
サッシ、内装仕上材(床、壁、断熱壁)を復旧する。
  • 増打ちした柱の仕上げも行う。
10.最終確認
工事全体の仕上がりを確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け、清掃を行う。
備考

■柱部断面図
  • 構造計算等により構造安全性が確認された場合には、柱の増打ちを外側(バルコニー側)に限定することにより、居住しながらの施工が可能となる。この場合「5.工事手順の例」の3、9を省略することができる。
*1
鉄筋の定着や端部処理については「公共建築工事標準仕様書 平成28年版」(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修、(社)公共建築協会発行)による。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針 同解説[p116~126](建設省住宅局建築指導課) (社)日本建築防災協会
2 学校施設の耐震補強マニュアル RC造校舎編(2003年改訂版)[p160,166] (著作権所有:文部科学省) 第一法規出版(株)
3 建築技術1997年10月号[p137~141] 福山洋 (株)建築技術
4 建築改修工事監理指針 平成28年版(下巻)[p509~510](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一財)建築保全センター (一財)建築保全センター