補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】

外壁の傾斜柱の鋼板巻き工法G-1-302
RC造
工事概要

既存のRC構造躯体に鋼板を巻き付け、柱のコンクリート面と鋼板の隙間に高流動モルタルを充填し、柱のせん断強度および靭性を向上させる工法である。


角形鋼板巻き工法
鋼板巻き立て補強概要図
(引用:参考文献1一部加筆)
対応する不具合と原因 不具合
  • 外壁の傾斜(G-1)
  • 外壁のひび割れ・欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
  • 水平振動(V-2)
原因
  • 柱・大梁・小梁・壁の配筋方法の不良
  • コンクリートの打込み・締固めの不良、養生の不良
  • 工事中の一時的な過荷重の積載
適用条件
  • 補強に伴う荷重の変動を考慮した長期荷重に対して既存の架構が長期に生ずる力に対する許容応力度内に収まっているもので、原則として躯体コンクリートに不良箇所がない場合に適用が可能である。
  • 帯筋が不足している場合の補強に特に適している。
  • 柱に壁がつく場合には、柱回りの壁を撤去できる場合に適用可能である。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査等により適用条件を満たしていることを確認する。
2.準備
足場、仮囲いを設置する。
器材・資材の搬入、仮設電源を準備する。
3.既存仕上材の撤去・養生
施工に関わる部分の内装仕上材・サッシ等を撤去する。
  • 既存柱の構造体をあらわすためにモルタル等の仕上げもはつり、撤去する。
既存内装部分に対する養生を行う。
既存躯体の実測と墨出しをする。
4.ひび割れ補修
柱の構造ひび割れを樹脂注入工法で補修する。
5.既存柱の下地調整
既存柱のコンクリート素地面の目荒らしを行う。
6.鋼板の取付け
既存柱に2つ割りに分割した鋼板を両面から取付け、合わせ目を突合せ溶接する。(参考:参考文献1)
  • 角形鋼板においてはモルタルを確実に充填するため、既存柱と鋼板との隙間を30 mm程度以上確保する。(参考:参考文献1)
  • 鋼板の板厚は、継目部の溶接性とモルタル充填のはらみ出し防止を考慮し厚さ6㎜以上とする。但し、現場溶接を伴わない場合の板厚は4.5㎜以上とする。(参考:参考文献1)
  • 変形能力の向上を図る補強の場合には、柱頭及び柱脚において、30㎜程度のスリットを設けることを原則とする。軸耐力の増大を図る補強の場合には、柱脚部にはスリットは設けない。(参考:参考文献1)
  • 柱脚部にスリットを設ける場合には、充填モルタルの剥落防止処置を講じる。(参考:参考文献1)

角形鋼板巻き工法
鋼板を巻き付けた柱の例(引用 :参考文献1一部加筆)
7.高流動モルタルの圧入・養生
既存コンクリートと柱の間に流動性の高いモルタルを頂部から流し込むか、下部から圧入する。(参考:参考文献1)
  • 充填モルタルの強度はFc=21N/㎜2以上かつ既存建物のコンクリート強度以上とする。(参考:参考文献1)
高流動モルタルの養生を行う。
8.耐火被覆施工
鋼板の耐火性能を確保するために不燃材料で鋼板の表面を覆う。
耐火被覆をした柱の仕上げを行う。
9.内装仕上材等の復旧
サッシ、内装仕上材(床、壁、断熱壁)を復旧する。
10.最終確認
工事全体の仕上がりを確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け・清掃を行う。
備考

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 2017年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針 同解説[p177~183、p178(解図3.3.5-1(a)) 一部加筆、p183(解図3.3.5-7(a))一部加筆] - (一財)日本建築防災協会/国土交通大臣指定耐震改修支援センター
2 建築改修実務事典[p676~681] 建築改修実務事典編集委員会 (株)産業調査会事典出版センター
3 建築改修工事監理指針 平成28年版(下巻)(第1版第2刷) [p511、519~523](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一財)建築保全センター (一財)建築保全センター