補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】

外壁の傾斜柱の繊維シート接着補強G-1-303
RC造
工事概要

柱に繊維シートを巻き付け、柱のせん断強度および靭性の向上を図る工法である。


連続繊維シート巻付け(引用:参考文献1)
対応する不具合と原因 不具合
  • 外壁の傾斜(G-1)
  • 外壁のひび割れ・欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
  • 水平振動(V-2)
原因
  • 柱・大梁・小梁・壁の配筋方法の不良
  • コンクリートの打設の不良、養生の不良
  • 工事中の一時的な過荷重の積載
適用条件
  • 補強に伴う荷重の変動を考慮した長期荷重によって既存の架構に生ずる力が長期許容応力度内に収まっており、原則として躯体コンクリートに不良箇所がない場合に適用が可能。
  • 帯筋の不足、断面不足の場合の補強に特に適する。
  • 柱幅や固定荷重の増加を抑えたい場合にも適用可能な方法である。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査等により適用条件を満たしていることを確認する。
2.準備
足場、仮囲いを設置する。
器材・資材の搬入、仮設電源を準備する。
3.既設仕上材の撤去・養生
施工に関わる部分の内装仕上材・サッシ等を撤去する。
  • 既存柱の構造体をあらわすためにモルタル等の仕上げもはつり、撤去する。
既設内装部分に対する養生を行う。
躯体の実測と墨出しをする。
柱に非耐力壁がついている場合はスリットを設け、柱と非耐力壁を縁切りする。
4.ひび割れ補修
柱の構造ひび割れを樹脂注入工法で補修する。
5.下地調整
サンダー等により柱の凹凸をなくし、柱コーナー部の面取りを行なう。
プライマーを柱躯体面に塗布する。
繊維シートを密着して張るため、不陸部を不陸補修用樹脂で平滑にする。
6.繊維シートの張付け
含浸接着エポキシ樹脂(※)を浸透させながら、繊維シートを張っていく。繊維シートの端部は、接着剤でとめる。
  • 繊維シートの張付け方法には、ストランド巻付けとシート巻付けがあるが、ストランド巻付けは独立柱の場合のみ適用可能である。
7.耐火被覆施工
含浸接着エポキシ樹脂(※)の耐火性能を確保するために不燃材で繊維シートの表面を覆う。
耐火被覆をした柱の仕上げを行う。
8.内装仕上材等の復旧
非耐力壁のスリットを復旧する。
撤去した内装仕上材(床、壁、天井)を復旧する。
9.最終確認
工事全体の仕上がりを確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け・清掃を行う。

繊維シート(引用:参考文献2)
備考
  • 繊維シート接着補強には炭素繊維シートの他、アラミド繊維シート、ガラス繊維シート等がある。
  • 炭素繊維、アラミド繊維その他これらに類する材料を用いて補修を行う場合は平成13国交告第1024号「特殊な許容応力度及び特殊な材料強度を定める件」に適合する必要がある。
    (※)「含浸接着エポキシ樹脂」は、平成27年1月20日に改正されたJIS A6024:2015(建築補修用及び建築補強用エポキシ樹脂)に新たに追加された。(参考:参考文献6)このJIS A6024の改正において、規定された表示項目(規格番号、種類名称等)を付した製品は平成28年12月末現在流通していない。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 建築技術1997年10月号[p137~141] 福山洋 (株)建築技術
2 建築改修実務事典[p676~685] 建築改修実務事典編集委員会 (株)産業調査会事典出版センター
3 2001年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針 同解説[p162~169(3.3.6))](国土交通省住宅局建築指導課) - (社)日本建築防災協会
4 「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」 国土交通省住宅局建築指導課 国土交通省 HP
5 連続繊維補強材を用いた既存鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計・施工指針 2010年改訂版 国土交通省住宅局建築指導課 (一財)日本建築防災協会
6 JIS A6024:2015建築補修用及び建築補強用エポキシ樹脂 揖斐敏夫 (一財)日本規格協会