補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】

外壁の傾斜壁の打直し工法(外壁)G-1-304
RC造
工事概要

既存の耐震壁を撤去し、打ち直して、適正な強度、剛性に高める。


概念図
対応する不具合と原因 不具合
  • 外壁の傾斜(G-1)
  • 外壁のひび割れ・欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
  • 水平振動(V-2)
原因
  • 柱・大梁・小梁・壁の配筋方法の不良
  • コンクリートの打設の不良、養生の不良
  • 工事中の一時的な過荷重の積載
適用条件
  • 補強に伴う荷重の変動を考慮した長期荷重によって既存の架構に生ずる力が長期許容応力度内に収まっており、原則として躯体コンクリートに不良箇所がない場合に適用が可能である。
  • 既存の耐震壁を撤去した状態において、長期・短期荷重によって架構に生ずる力が長期・短期許容応力度内に収まっていること。(※1)
  • 内壁においても適用可能な工法である。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査、構造計算等により適用条件を満たしていることを確認する。
2.既存耐震壁及び仕上材の撤去
必要に応じて足場を設置し、養生を行う。
撤去対象の耐震壁回り3m程度の範囲の内装仕上材(床、壁、天井)を撤去した上で耐震壁を取り壊す。鉄筋に問題がない場合には、新設壁の定着用として鉄筋を残し生かす。
残りの内装部分に対する養生を行う。
3.準備
躯体の実測と墨出しを行う。
躯体(梁の上下の接合面)の目荒らしを行う。
4.鉄筋加工・組立
柱、梁にあと施工アンカーをセットする。(既存鉄筋が生かせない場合)
壁縦筋、横筋を組立て、あと施工アンカー(既存鉄筋)に接合する。
柱、梁の接合部には割裂防止補強筋(スパイラル筋6φ)をセットする。

増設耐震壁の構造詳細例(引用:参考文献1)
5.型枠の加工・組立
上部に打設投入口を残して型枠を組み立てる。
6.コンクリート打設
打設面を清掃、水湿しした上で、場所打コンクリートを打設(又は下部より圧入)する。コンクリート打設は梁下150~200mm程度のところでいったん打ち止める。(参考:参考文献5)
7.膨張グラウト材の圧入・養生
コンクリート打設1~2日後、打設したコンクリート壁と梁の150~200mm程度の隙間に膨張グラウト材を圧入する。(参考:参考文献5)
コンクリート打設ののち、強度を確認、または所定の存置期間を確保したうえで型枠を撤去する。
  • 注入されたグラウト材の養生時の温度および養生期間は、グラウト材製造メーカーの仕様に基づくものとし、この養生期間(5~7日間程度)は原則として型枠を残すことが望ましい。(参考:参考文献5)
8.内外装仕上材等の復旧
撤去した内外装仕上材(床、壁、断熱壁、天井、外壁仕上材)を復旧する。
9.最終確認
工事全体の仕上りを確認する。
足場、養生等を撤去の上、片付け、清掃を行う。
備考
  • 本施工に伴い、住戸スラブ回りの電気、給排水設備の切断、再接続工事が発生する場合がある。
  • あと施工アンカーを用いて補修を行う場合は平成13国交告第1024号「特殊な許容応力度及び特殊な材料強度を定める件」に適合する必要がある。
  • 雨掛かりとなる外壁に本工法を適用する場合は、打継ぎ部からの雨水浸入に対する配慮が必要である。
*1
:仮設の補強等により許容応力度内に収まる場合にも適用できる。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 建築技術1997年10月号[p128~133] 塩原等 (株)建築技術
2 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修事例集(2009)[p34,p37] 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修事例集編集委員会 (財)日本建築防災協会
3 2001年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針 同解説[p87~100(3.1)](国土交通省住宅局建築指導課) - (社)日本建築防災協会
4 「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」 国土交通省住宅局建築指導課 国土交通省 HP
5 建築改修工事監理指針  平成28年版(第1版)(下巻)[p467(8.21.8)、p471(8.21.9)](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一財)建築保全センター (一財)建築保全センター