補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】

降雨による漏水配管外壁貫通部回りのシーリング材の打替えW-1-701
RC造・S造
工事概要
  • 配管の取付け直し
  • シーリング材の打替え
    (・漏水箇所の補修)



工事概要図(chord作成)

「建築工事」「設備工事」区分は、工事が分離されている場合の目安を示す。
対応する不具合と原因 不具合
  • 降雨による漏水(W-1)
原因
  • 水切り、防水層、シーリング材等の設計・品質・施工不良
適用条件
  • 配管の取付け直し、勾配調整ができること。
  • 外側から安全に施工できる充分なスペースが確保できること。
工事手順の例
1.事前調査
当事者からのヒアリングや現場での原因調査により、適用条件を満たしていることを確認する。
外部足場が必要かどうか判断する。(バルコニー部では外部足場不要)
2.内装一部撤去
  • 一般的な排気ダクトの工事では、極端なダクト勾配の不良がなければ外部からの調整で済む場合が多い。
  • ドレン管の工事では内装をはがしたほうがよい。
3.設置不良配管の取外し、又は調整
勾配が外側になっているか確認する。
排気ダクトの場合は、フード等雨が入りにくいものを使う。
  • ドレン管の場合は、外壁面より10~15mmは突出させる。
4.内装の復旧
撤去した内装を復旧する。
5.シーリング材の再施工
6.最終確認
散水試験により防水の確認を行う。
足場等の撤去及び清掃。
備考

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所