補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】

設備からの漏水給湯配管の取替え、再固定W-2-002
木軸・木枠・RC造・S造
工事概要
  • 亀裂の生じた配管の取り替え
  • 配管支持・固定方法を検討の上再施工

不具合例(引用:参考文献1)
対応する不具合と原因 不具合
  • 設備からの漏水(W-2)
原因
  • 管材・継手の種類、規格選定の不適
  • 管材・継手の腐食対策不良
  • 管材・継手等の品質不良
  • 配管・継手等の接続及び支持・固定方法等の不良
  • 熱伸縮の配慮不足
適用条件
  • さや管ヘッダー方式でない場合に適用可能である。
工事手順の例
1.事前調査
当事者からのヒアリングや現場の原因調査により、上記の適用条件を満たしていることを確認する。
配管ルートやエルボなどの位置を確認する。
配管取替えの範囲及び継手種類や接合方法を確認し、内装の撤去範囲を確定する。
2.周辺内装仕上材等の撤去
工事範囲の床あるいは内壁等の仕上材及びボードなどの下地材を撤去する。
3.当該配管の撤去
4.新規配管の取り付け
既設配管と接合する場合は、腐食や応力集中を発生させない接合方法とする。
熱伸縮処理を配慮した配管、支持・固定を行う。
バンドの取り付けも、無理な力がかからぬように留める。
5.水圧・通水試験
水圧・通水試験を行い、水漏れのないことを確認する。
6.内外装仕上げ復旧
撤去した内装仕上材等を復旧する。
  • 仕上げ時に釘などの管打抜きかないように注意する。
  • 点検口があるべき所にない場合は、点検口を設ける。
7.片付け・清掃
備考

【留意事項】

  • 給湯管系の補修(接続部・配管共)は、温度による熱伸縮や水圧による影響を受けやすいため、補修後しばらくは、様子を見る必要がある。
  • 混合水栓へ接続される給湯管の場合は、給水圧力とのバランスを考慮して配管径を決定する必要がある。

【改修に必要な機材】

養生資材(シート・ウエスなど)
配管替え用配管資材(管・継手類)、支持・固定具類および保温材
配管施工用工具類
内装・床・壁工事用工具類及び復旧用資材

【改修に必要な専門技術者】

給排水衛生配管施工専門技術者
水道工事業者
内装工事専門業者

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 水にまつわるトラブルの事例・解決策<設備編>[p45] 「設備漏水」編集委員会 (株)学芸出版社