補修方法編

補修方法シート

【鉄骨造住宅】

床のたわみ鉄骨小梁の新設F-2-401
S造
工事概要

床荷重を支える能力を向上させるため、スラブ下面に鉄骨梁を梁間に架け渡し、床を補強する。(参考:参考文献1)


(chord作成)
対応する不具合と原因 不具合
  • 床の傾斜(F-1)
  • 床のたわみ(F-2)
  • 床鳴り(F-3)
  • 床振動(V-1)
原因
  • 断面寸法等の不足、材料の選択不良、骨組や床構成部材等の配置・間隔の不良、材料の品質不良
  • 工事中の一時的な過荷重の積載
  • 床構成部材等の材料選択の不良
  • 床スラブの鉛直支持力の不足
適用条件
  • コンクリート床版等にたわみが生じている場合で、既設の鉄骨大梁にたわみがなく、新設小梁からの荷重負担に耐えられることが構造計算等により確認された場合に適用可能な方法である。
  • 補修により、美観上の問題を生じないことが確認された場合に限り適用可能である。
工事手順の例
1.事前調査
構造計算等により、新設する小梁の断面寸法などを決定する。
現場調査において、構造計画検討時の適用条件を満たしていること、また工事の妨げになるものがないことを確認する。
各通り毎に床等の変形を測定し、小梁を新設する位置等を確認し、工事計画を立てる。
2.足場設置・仕上材等の撤去
小梁を新設する直下の周囲に足場を設置する。
足場の設置により床仕上げ(フローリング等)を傷つけないよう、シート及びコンパネ等による保護・養生を行う。
以下の部位を撤去し、小梁を設置する大梁及び床版下面を露出させる。
  • 小梁を設置する大梁下部の壁下地材、仕上材
  • 小梁を新設する天井の下地、仕上材
  • パイプサポートを据え付ける床・天井まわりの下地材・仕上材
  • 床の変形の程度に応じ、影響を受け傷んだ当該階及び上階床、壁の下地材、仕上材等
3.高力ボルト用孔あけ
新設する小梁に高力ボルト取付用の孔位置を罫書く。
高力ボルト取付用の孔あけを行う。
孔あけは電気ドリルによる。
4.ガセットプレートの取付け溶接
ガセットプレート及び大梁の溶接部まわりの塗装、じんあい、油、錆等を完全に除去する。
ガセットプレート部分を罫書く。鉄骨小梁の設置位置は、スラブの現状下端レベルに合わせる。
ガセットプレートを現場溶接により取り付ける。
溶接部の外観検査及び非破壊検査を行う。
突き合わせ溶接部は、必要に応じて溶接終了より24時間後に超音波探傷試験を行う。
5.小梁の取付け
小梁をガセットプレートに高力ボトルで仮止めする。
高力ボルトは、ボルトにマーキングを行った後に、本締めする。
高力ボルト締付け後の検査を行う。
6.スラブのジャッキアップ
架設用のH形鋼の上にパイプサポートを設置する。下階の床が下がらないようにH形鋼を梁から梁に架け渡す。ジャッキアップする床下面に集中的に力がかからないようにH形鋼等により養生する。
パイプサポートのナットハンドを回してパイプサポートを伸長し、建物構造体及び仕上げ面のゆがみが生じないよう5㎜程度ずつ、上階の床が水平になるまでジャッキアップし、上階の床で水準器を用いて、梁または床が水平になり、変形が補正されたことを確認する。
スラブと新設小梁の間にライナープレートを要所に挟み込む。
7.パイプサポートの取外し
徐々にジャッキを下げ、小梁にたわみや変形が生じていないこと、及び上階の床が水平であること等を確認した上で、パイプサポートを取り外す。
8.スラブ補修
スラブにひび割れが生じた場合には、樹脂注入工法等で補修する。
9.無収縮モルタルの圧入と養生
H形鋼上部とスラブ下端のすき間(20~30㎜程度)に無収縮モルタルを圧入する。
圧入7日後に硬化を確認する。
10.下地材・仕上材の修復
撤去した上階の内壁及び上階床について下地材、仕上材を張り替える。撤去した建具を取り付ける。既存の建具にゆがみ等がある場合は調整し、変形してもどらないものについては交換する。
撤去した下階天井の下地材、仕上材を張り替える。撤去した下階床及び壁について下地材、仕上材を張り替える。梁の補強により建具等の変更がある場合は、それに応じて新規の建具枠を取り付ける。既存の建具にゆがみ等がある場合は調整し、変形してもどらないものについては交換して取り付ける。
11.最終確認
水準器を用いて床仕上げ面の水平を確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け・清掃を行う。
備考
  • 大梁と小梁の接合部のディテール(ガセットプレートの形状及び厚さ、高力ボルトのサイズ及び本数)については、大梁に力が伝わるよう、十分に検討する。
  • 補強用梁の上のスラブにひび割れが生じやすいこと、補強用梁の全体で荷重を受けるようにすること、補強用梁の出し入れに手間を要することなどの点に留意する必要がある。
  • 耐火被覆がある場合には、その撤去、復旧工事が発生する。
  • 振動に関する不具合に当該補修方法を適用する場合、「5.工事手順の例」におけるジャッキアップ工程は必要ない。
  • 鉄骨工事を伴う補修工事は上向き溶接等高度な技術を要求されるものも含まれるため、①鉄骨施工業者及び管理組織、②工事手順、③溶接技能者の資格、④溶接施工管理技術者及び非破壊試験検査技術者の資格等必要事項を記載した施工計画書又は施工要領書を施工者より提出を受け、事前に工事の内容を確認することが重要である。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 建築技術1990年3月号[p150~154] 小柳光生 (株)建築技術
2 (製造業者の技術資料による)