補修方法編

補修方法シート

【鉄骨造住宅】

外壁の傾斜柱脚部の取替え、アンカーボルトの新設置G-1-402
S造
工事概要

損傷している柱脚位置の強度及び剛性を向上させるため、柱の柱脚部の一部を切断し、ベースプレートを含む新しい部材に交換し、補強された基礎に再設置する。


工事概要図
対応する不具合と原因 不具合
  • 基礎のひび割れ、欠損(K-2)
  • 外壁の傾斜(G-1)
  • 外壁のひび割れ・欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
原因
  • 柱脚部構造計画不良
  • 柱脚部アンカーボルトのかぶり厚さ不足
  • 骨組の架構・接合方法の不良
適用条件
  • 補強に伴う荷重の変動を考慮した長期荷重によって既存の架構に生ずる力が長期許容応力度内に収まっており、原則として躯体コンクリートに不良箇所がない場合に適用が可能である。
  • 柱脚部以外の柱部分が健全な状態である場合に適用可能な方法である。
工事手順の例
1.事前調査
構造計算により、増設する鋼材部の断面等及びアンカーボルトの埋め込み長さ等を決定する。
現場調査において、構造計画検討時の適用条件を満たしていること、また工事の妨げになるものがないことを確認する。
傾斜の影響を受け、交換の必要のあるサッシ等の部品・材料を確認し、工事計画を立てる。
仕上げ、施工可能寸法、鉄筋の位置、コンクリートのひび割れの有無を確認する。
2.足場設置・仕上材等の撤去
柱脚部を交換する柱の周囲に足場を設置する。
以下の部位を撤去し、交換する柱脚を露出させる。
  • 柱の両側の壁仕上げ、下地材等
  • パイプサポートを据え付ける床・天井まわりの下地材・仕上材
  • 上記壁に接する床・天井の仕上げ、下地材等
  • 当該柱周辺の建具及び建具枠
  • 柱の傾斜により影響を受け傷んだ上階床の仕上げ、下地材等
3.建入れ直し
傾斜した柱周辺の梁・柱にワイヤーロープ等を架け、徐々に加力し、下げ振りで倒れを見ながら、柱が垂直に補正されたことを確認する。

施工例(引用:参考文献1)
4.梁の仮支持
傾斜した柱廻りの梁と基礎立上がり部(又は1階床スラブ)の間に、パイプサポートを設置し、梁が下がらないように仮支持する。
5.柱脚の撤去
アンカーボルトを切断する。
柱の柱脚部(高さ30~50cm程度)をガスバーナーで切断除去する。柱脚基礎天端をはつり、アンカーボルトの出をさらに切り取る。この後、柱脚基礎天端(及び柱脚側面コンクリート表面)の目荒らしを行う。
6.柱脚部基礎のアンカー補強及び増打ち
既存柱脚部コンクリートに補強用の根巻き鋼板(頭付きスタッド付)をあと施工アンカーにて取り付ける。
新設柱脚のアンカーボルト固定用に、あと施工アンカーボルトを設置する。
既存柱脚部コンクリートと補強用の根巻き鋼板との間に無収縮モルタルを充てんする。
配筋(含、新設柱脚のアンカーボルト)、型枠組立て後、新設柱脚コンクリートを充てん不良を起こさないよう打設する。
7.柱脚の新設
新設柱脚部を組み立てた後、現場溶接により既存柱に取り付ける。
溶接部の外観検査及び非破壊検査を行う。
新設柱脚の下部に無収縮モルタルを注入の上養生する。
新設柱脚のアンカーボルトを締める。
新設柱脚及び周辺の鋼材等に塗装(防錆処理)等を行う。
柱の垂直度等を確認する。
8.下地材・仕上材の復旧
必要に応じて柱・梁仕口部分等を目視にて確認し、補強を行う。
以下の部分を復旧する。
  • 外壁下地材、仕上材、開口部、
  • 床下地材、仕上材(フローリング等)
  • 内壁ボード、仕上材
  • 基礎部分仕上げ
9.最終確認
工事全体の仕上がりを確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け・清掃を行う。
備考
  • 耐火被覆がある場合には、その撤去、復旧工事が発生する。
  • 振動に関する不具合に当該補修方法を適用する場合、「5.工事手順の例」における建入れ直し工程は必要ない。
  • あと施工アンカーを用いて補修を行う場合は平成13国交告第1024号「特殊な許容応力度及び特殊な材料強度を定める件」に適合する必要がある。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 建築技術 1995年9月号[p59] 田村昌仁・間瀬哲・大沢一実 (株)建築技術
2 2001年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の
耐震改修設計指針 同解説
(国土交通省住宅局建築指導課)
(社)日本建築防災協会
3 「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」 国土交通省住宅局建築指導課 国土交通省 HP