補修方法編

補修方法シート

【鉄骨造住宅】

外壁の傾斜形鋼の取付け(柱)G-1-405
S造
工事概要

建入れ直し(柱・梁等の倒れ、傾斜等を正規に修正する)を行ったうえで、仕口部分にCT形鋼を添えて接合し、柱を補強する。


工事概要図(chord作成)
対応する不具合と原因 不具合
  • 床の傾斜(F-1)
  • 床のたわみ(F-2)
  • 床鳴り(F-3)
  • 外壁の傾斜(G-1)
  • 外壁のひび割れ、欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
  • 床振動(V-1)
  • 水平振動(V-2)
原因
  • 骨組や床構成部材等の断面寸法等の不足、材料の選択不良、配置・間隔の不良、材料の品質不良
  • 骨組の架構・接合方法の不良
適用条件
  • カバープレートの溶接(G-1-404)等の補強では柱の断面不足の解消が図れない場合にも適用可能な方法である。
工事手順の例
1.事前調査
構造計算等により、添え柱の断面及び補強する範囲を決定する。
現場調査において、構造計画検討時の適用条件を満たしていること、また工事の妨げになるものがないことを確認する。
傾斜の影響を受け、交換の必要のあるサッシ等の部品・材料を確認し、工事計画を立てる。
2.足場設置・仕上材等の撤去
補強する柱の周囲に足場を設置する。
以下の部位を撤去し、補強する柱を露出させる。
  • 柱の両側の壁仕上げ、下地材等
  • 上記壁に接する床・天井の仕上げ、下地材等
  • 柱の傾斜により影響を受け傷んだ上階床の仕上げ、下地材等
3.建入れ直し
傾斜した柱周辺の梁・柱にワイヤーロープ等を架け、徐々に加力し、下げ振りで倒れを見ながら、柱が垂直に補正されたことを確認する。
4.添え柱の設置
(参考:参考文献1)
溶接部まわりの塗装、じんあい、油、錆等を完全に除去する。
補強部材取付け位置を罫書く。
補強部材の取付け・組立てを行う。
必要な場合には、既存のすみ肉溶接部等を除去する。
補強部材を現場溶接により取り付ける。
溶接部の外観検査及び非破壊検査を行う。
突き合わせ溶接部は、必要に応じて溶接終了より24時間後に超音波探傷試験を行う。(参考:参考文献2)
補強範囲の塗装(防錆処理)等を行う。
柱の垂直度等を確認する。
5.下地材・仕上材の復旧
以下の部分を復旧する。
  • 外壁下地材、仕上材、開口部、
  • 床下地材、仕上材(フローリング等)
  • 内壁ボード、仕上材
6.最終確認
工事全体の仕上がりを確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け・清掃を行う。
備考
  • CT形鋼のせいは、溶接時の施工性を確保するために150mm程度以上とすることが望ましい。
  • 柱脚部まで補強が必要な場合には、柱脚部まわりの床スラブを撤去する。(参考:参考文献1)
  • 耐火被覆がある場合には、その撤去、復旧工事が発生する。
  • 振動に関する不具合に当該補修方法を適用する場合、「5.工事手順の例」における建入れ直しの工程は必要ない。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 2013年改訂版 既存鉄骨造建築物の耐震改修施工マニュアル [p45、46]((独)建築研究所) (一社)日本鋼構造協会
(一財)日本建築防災協会
(一社)日本鋼構造協会
2 一般社団法人日本溶接協会溶接情報センターホームページ 接合・溶接技術Q&A1000 一般社団法人日本溶接協会 溶接情報センター ホームページ