補修方法編

補修方法シート

【鉄骨造住宅】

外壁の傾斜鉛直(水平)ブレースの新設G-1-406
S造
工事概要

骨組の強度及び剛性を向上させるため、鉛直ブレース(または水平ブレース)を新設する。(*1)


(chord作成)
引張筋かい新設の概念図
(参考文献2を元に作図)
対応する不具合と原因 不具合
  • 外壁の傾斜(G-1)
  • 外壁のひび割れ、欠損(G-2)
  • 内壁の傾斜(N-1)
  • 水平振動(V-2)
原因
  • 鉛直構面(水平構面)の剛性の不足
  • 骨組の断面寸法等の不足、配置・支持間隔の不良、架構・接合方法の不良
適用条件
  • 構造計画上つり合いよくブレースが配置できる場合に適用可能な方法である。
  • ブレースの新設により、鉛直構面、又は、水平構面の剛性不足を解消することが構造計算等により確認できる場合に適用可能である。
工事手順の例
1.事前調査
構造計算等により、ブレースの設置個所及び形状等を決定する。
現場調査において、構造計画検討時の適用条件を満たしていること、また工事の妨げになるものがないことを確認する。
傾斜の影響を受け、交換の必要のあるサッシ等の部品・材料を確認し、工事計画を立てる。
2.足場設置・仕上材等の撤去
補強する柱の周囲に足場を設置する。
以下の部位を撤去し、ブレースを設置する柱または梁を露出させる。

<鉛直ブレースの場合>
  • ブレース設置面の壁仕上げ、下地材等
  • 上記壁に接する床・天井の仕上げ、下地材等
  • 柱の傾斜により影響を受け傷んだ上階床の仕上げ、下地材等

<水平ブレースの場合>
  • ブレース設置面の床仕上げ、下地材等
  • ブレース設置面の天井仕上げ、下地材等
  • 上記床、天井に接する壁の仕上げ、下地材等
水平ブレースは床面や屋根面に設置する。
3.建入れ直し
傾斜した柱周辺の梁・柱にワイヤーロープ等を架け、徐々に加力し、下げ振りで倒れを見ながら、柱が垂直に補正されたことを確認する。
4.高力ボルト用孔あけ
ガセットプレート、ブレースの高力ボルト取合い用孔の位置を罫書く。
高力ボルト用の孔あけを行う。
※孔あけはドリルによる。
5.ガセットプレートの設置(*2)
溶接部まわりの塗装、じんあい、油、錆等を完全に除去する。
ガセットプレート取付け位置を罫書く。
ガセットプレートを仮付溶接により取り付ける。
6.ブレースの設置(*2)
高力ボルトは、ボルトにマーキングを行った後に、本締めする。
高力ボルト締付け後の検査を行う。
7.ガセットプレートの溶接(参考:参考文献1)
ガセットプレートを現場溶接により取り付ける。
補強スチフナ、新設外ダイアフラムを現場溶接により取り付ける。
冷間成形角形鋼管のコーナー部に溶接してはならない。
溶接部の外観検査及び非破壊検査を行う。
周辺の塗装(防錆処理)等を行う。
柱の垂直度等を確認する。

引張筋かい・圧縮筋かいを新設する場合のガセットプレートの溶接例
(引用:参考文献1)
8.下地材・仕上材の復旧
以下の部分を復旧する。
  • 外壁下地材、仕上材、開口部、
  • 床下地材、仕上材(フローリング等)
  • 天井下地材、仕上材
  • 内壁ボード、仕上材
9.最終確認
工事全体の仕上がりを確認する。
足場等を撤去のうえ、片付け・清掃を行う。
備考
  • JIS形高力ボルト、トルシア形高力ボルトを使用する場合が多い。
  • 炭素鋼ボルトの強度が240N/m㎡を超える場合の許容応力度等については建基法令第90条、第96条、建基法告示平12建告第1451号「炭素鋼のボルトのせん断に対する許容応力度及び材料強度を定める件」に依る。
  • 耐火被覆がある場合には、その撤去、復旧工事が発生する。
  • 振動に関する不具合に当該補修方法を適用する場合、「5.工事手順の例」における建入れ直し工程は必要ない。
    (*1)ブレースの交換補強、ブレース接合部の補強(ガセットプレート含む)も含まれる。
    (*2)圧縮筋かいを新設する場合には、補強スチフナや外ダイアフラムを設けて既存部材の面外剛性を確保するとともに、新設ガセットプレートについても十分な面外剛性を確保する。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 2013年改訂版 既存鉄骨造建築物の耐震改修施工
マニュアル[p39](独立行政法人建築研究所)
(一社)日本鋼構造協会
(一財)日本建築防災協会
(一社)日本鋼構造協会
2 既存鉄骨造建築物の耐震改修施工マニュアル
〈改訂版〉[p77]
建設省住宅局建築指導課
(社)日本鋼構造協会
(財)日本建築防災協会
(社)日本鋼構造協会