補修方法編

補修方法シート

【鉄骨造住宅】

降雨による漏水適切な径の竪どいの取替えと排水桝との非固定接続W-1-601
木軸・木枠・S造
工事概要

既設の竪どいを屋根面積、排水能力に応じた適切な径をもつ竪どいに取替える。竪どいの下端部は排水桝と縁を切って納める。


不具合の例
対応する不具合と原因 不具合
  • 降雨による漏水(W-1)
    <といの排水による漏水>
原因
  • 屋根勾配、排水ルート、といの設置等の不良
    (竪どい径の不適正、竪どいと排水桝との固定接続)
適用条件
  • 十分な施工スペースが確保できること。
工事手順の例
1.事前調査
当事者からのヒアリングや現場の原因調査により、適用条件を満たしていることを確認する。
2.とい受け金物を外す
必要に応じて足場を設置し、養生を行う。
  • 金物によっては先ずといを外す方式になっているものもあり、その場合は金物を取り外す必要はないが、竪どい径に適合出来ることが条件となる。
3.といの一部の撤去
4.竪どいのとり替え
竪どい径に適合するとい受け金物を選択し、取り付ける。
竪どいをとい受け金物に取り付ける。
竪どいは必ず排水管または排水溝に直結させるが、伸縮を考慮し、固定しない。竪どいの下端部は地面上50㎝程度で留め、排水枡と縁を切って納める。
5.片付け、清掃
6.最終確認
降雨時に漏水がないことを確認する。
足場、養生等の撤去を行う。止水を確認するまで仮設は撤去しないことが望ましい。
備考
  • 竪どいと排水管を直結した場合、温度差により竪どいの伸縮がとれなくなり、じょうごや軒どいを突き上げたり、引き下げたりする。
  • 漏水による汚れ・劣化の影響範囲の補修が別途必要となる場合がある。
  • 呼びどいの落とし口には、金網またはドレーンを設けて異物の侵入を防ぐ。

呼びどい落とし口の例

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所