補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】


外壁の傾斜G-1
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
(「基礎の沈下」の原因) 基礎 「基礎の沈下」を参照して、「基礎の沈下」の発生原因に対応した補修を実施し、併せて外壁の傾斜の補修を行う。 (K-1)
柱・大梁・小梁・壁のコンクリート及び鉄筋の規格不適・品質不良 外壁一般部 (専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する)
柱・梁 (専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する)
柱・大梁・小梁・壁の配筋方法の不良

コンクリートの打設の不良

コンクリートの養生不良

工事中の一時的な過荷重の積載
外壁一般部 壁の打直し工法(外壁) G-1-304 住戸内法減が許容される場合は施工しやすい壁の増打ち工法が考えられる。
壁の増打ち工法(外壁・耐震壁) G-1-305
柱の増打ち工法 G-1-301 せん断及び曲げに対する補強、他部位との取り合いの良さでは柱の増打ち工法が優れている。
帯筋の不良等をはじめとする耐力不足の補強には、鋼板巻き工法、繊維シート接着工法が有効である。
打直し工法は豆板等の欠損による剛性低下の場合に適用する。
柱の鋼板巻き工法 G-1-302
柱の繊維シート接着補強 G-1-303
打直し工法 G-2-306
(ジャッキアップ+)ピン柱による梁の補強 F-1-301 ピン柱による梁の補強及び、新たに柱の設置が困難な場合の梁の増打ち工法が梁のたわみを確実に修正できる方法と考えられる。
梁のたわみ進行防止には、鋼板張付け補強、繊維シート接着補強が有効と考えられる。
繊維シート接着補強は、短期間の工事が可能である。
打直し工法は豆板等の部分的コンクリートの欠損に適用する。
梁の鋼板張付け補強 F-1-302
梁の繊維シート接着補強 F-1-303
(ジャッキアップ+)梁の増打ち工法 F-1-304
打直し工法 G-2-306

外壁のひび割れ・欠損(モルタル・タイル張り)G-2
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
(「外壁の傾斜」の原因) 外壁 「外壁の傾斜」を参照して、「外壁の傾斜」の発生原因に対応した補修を実施し、併せて外壁のひび割れ、欠損の補修を行う。 (G-1)
柱・大梁・小梁・壁のコンクリート及び鉄筋の規格不適・品質不良 梁・小梁・スラブ (専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する)
柱・大梁・小梁・壁の配筋方法の不良

コンクリートの打設不良

コンクリートの養生不良

工事中の一時的な過荷重の積載
外壁一般部(躯体) 壁の打直し工法(外壁) G-1-304 ひび割れ(・欠損)の補修は、ひび割れ(・欠損)の原因が構造耐力上の問題によらない場合に適用する。また、原因が構造耐力上の問題による場合は、補修工事の実施によりその問題が取り除かれていることが専門家の調査により確認された場合に限り適用する。
1.0㎜程度までの挙動(進行)がないひび割れ*には、樹脂注入工法、挙動(進行)のあるひび割れ*及びひび割れ幅が1.0㎜を超える場合にはUカットシール材充填工法の採用が一般的である。鉄筋の腐食を伴う大きな損傷の場合にはコンクリートの増打ち、躯体改修工法も想定される。
(地下躯体の場合)
構造耐力に関する適用条件は一般部の(躯体)と同じである。
漏水の量、水質(海水、酸、アルカリ、化学物質等)、対象部位の温度等が注入止水工法の条件に適合する場合に適用する。
(地下躯体の場合)
構造耐力に関する適用条件は一般部の(躯体)と同じである。 漏水の量、水質(海水、酸、アルカリ、化学物質等)、対象部位の温度等が注入止水工法の条件に適合する場合に適用する。
(タイル壁の場合)
ひび割れ、欠損部の状況や剥離範囲等が広い場合、タイル張替え工法が想定される。範囲が狭い場合や、張替え工法が適用できない条件の場合、アンカーピンニング工法及び注入口付アンカーピンニング工法も考えられる。
壁の増打ち工法(外壁・耐震壁) G-1-305
樹脂注入工法 G-2-301
Uカットシール材充填工法 G-2-302
シール工法 G-2-303
充填工法 G-2-304
躯体改修工法 G-2-305
打直し工法 G-2-306
(地下
躯体)
樹脂注入止水工法 W-1-325
(タイル仕上げ) タイル張替え工法 G-2-307
アンカーピンニング工法 G-2-308
注入口付アンカーピンニング工法 G-2-309
柱・大梁・小梁・壁の配筋方法の不良

コンクリートの打設不良

コンクリートの養生不良

工事中の一時的な過荷重の積載
柱の増打ち工法 G-1-301 ひび割れ(・欠損)の補修は、ひび割れ(・欠損)の原因が構造耐力上の問題によらない場合に適用する。また、原因が構造耐力上の問題による場合は、補修工事の実施によりその問題が取り除かれていることが専門家の調査により確認された場合に限り適用する。
1.0㎜程度までの挙動(進行)がないひび割れ*には、樹脂注入工法、挙動(進行)のあるひび割れ*及びひび割れ幅が1.0㎜を超える場合にはUカットシール材充填工法の採用が一般的である。鉄筋の腐食を伴う大きな損傷の場合にはコンクリートの増打ち、躯体改修工法も想定される。
(タイル壁の場合)
ひび割れ、欠損部の状況や剥離範囲等が広い場合、タイル張替え工法が想定される。範囲が狭い場合や、張替え工法が適用できない条件の場合、アンカーピンニング工法及び注入口付アンカーピンニング工法も考えられる。
柱の鋼板巻き工法 G-1-302
柱の繊維シート接着補強 G-1-303
打直し工法 G-2-306
樹脂注入工法 G-2-301
Uカットシール材充填工法 G-2-302
シール工法 G-2-303
充填工法 G-2-304
躯体改修工法 G-2-305
(タイル仕上げ) タイル張替え工法 G-2-307
アンカーピンニング工法 G-2-308
注入口付アンカーピンニング工法 G-2-309
(ジャッキアップ+)ピン柱による梁の補強 F-1-301 ひび割れ(・欠損)の補修は、ひび割れ(・欠損)の原因が構造耐力上の問題によらない場合に適用する。また、原因が構造耐力上の問題による場合は、補修工事の実施によりその問題が取り除かれていることが専門家の調査により確認された場合に限り適用する。
1.0㎜程度までの挙動(進行)がないひび割れ*には、樹脂注入工法、挙動(進行)のあるひび割れ*及びひび割れ幅が1.0㎜を超える場合にはUカットシール材充填工法の採用が一般的である。鉄筋の腐食を伴う大きな損傷の場合にはコンクリートの増打ち、躯体改修工法も想定される。 (タイル壁の場合)
ひび割れ、欠損部の状況や剥離範囲等が広い場合、タイル張替え工法が想定される。範囲が狭い場合や、張替え工法が適用できない条件の場合、アンカーピンニング工法及び注入口付アンカーピンニング工法も考えられる。
梁の鋼板張付け補強 F-1-302
梁の繊維シート接着補強 F-1-303
(ジャッキアップ+)梁の増打ち工法 F-1-304
樹脂注入工法 G-2-301
Uカットシール材充填工法 G-2-302
シール工法 G-2-303
充填工法 G-2-304
躯体改修工法 G-2-305
打直し工法 G-2-306
(タイル仕上げ) タイル張替え工法 G-2-307
アンカーピンニング工法 G-2-308
注入口付アンカーピンニング工法 G-2-309
伸縮調整目地の入れ方の不良

ひび割れ誘発目地の入れ方の不良
外壁一般部・柱・梁 樹脂注入工法 G-2-301 ひび割れ誘発目地の新設等でひび割れ等の発生原因に対応した補修を実施し、併せてひび割れ、欠損自体の補修を行う。
1.0㎜程度までの挙動(進行)がないひび割れ*には、樹脂注入工法、挙動(進行)のあるひび割れ*及びひび割れ幅が1.0㎜を超える場合にはUカットシール材充填工法の採用が一般的である。鉄筋の腐食を伴う大きな損傷の場合にはコンクリートの増打ち、躯体改修工法も想定される。 (タイル壁の場合)
ひび割れ、欠損部の状況や剥離範囲等が広い場合、タイル張替え工法が想定される。範囲が狭い場合や、張替え工法が適用できない条件の場合、アンカーピンニング工法及び注入口付アンカーピンニング工法も考えられる。
Uカットシール材充填工法 G-2-302
シール工法 G-2-303
充填工法 G-2-304
ひび割れの進行防止 G-2-310
(タイル仕上げ) タイル張替え工法 G-2-307
アンカーピンニング工法 G-2-308
注入口付アンカーピンニング工法 G-2-309
下地調整層の不良

外壁仕上材等の選択・品質不良

外壁仕上材等の養生不足
(タイル仕上げ) タイル張替え工法 G-2-307 (タイル壁の場合)
ひび割れ、欠損部の状況や剥離範囲等が広い場合、タイル張替え工法が想定される。範囲が狭い場合や、張替え工法が適用できない条件の場合、アンカーピンニング工法及び注入口付アンカーピンニング工法も考えられる。
タイル陶片の浮きの場合、注入口付アンカーピンニングエポキシ樹脂注入タイル固定工法も考えられる。ただし、モザイクタイル等の小さなタイルの補修には適用できない。
アンカーピンニング工法 G-2-308
注入口付アンカーピンニング工法 G-2-309
注入口付アンカーピンニングエポキシ樹脂注入タイル固定工法 G-2-313
(塗装) 塗装・吹付け直し G-2-311
* 参考:建築改修工事監理指針 平成28年版(第1版)(上巻) p390 表4.3.1

外壁のひび割れ・欠損(ALCパネル)G-3
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
(「外壁の傾斜」の原因) 外壁 「外壁の傾斜」を参照して、「外壁の傾斜」の発生原因に対応した補修を実施し、併せて外壁のひび割れ、欠損の補修を行う。 (G-1)
柱・大梁・小梁・壁のコンクリート及び鉄筋の規格不適・品質不良 柱・梁 (専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する)
柱・大梁・小梁・壁の配筋方法の不良

柱・大梁・小梁・壁のかぶり厚さの設定不良

コンクリートの打設の不良

コンクリートの養生不良

工事中の一時的な過荷重の積載
柱の増打ち工法 G-1-301 ひび割れ(・欠損)の補修は、ひび割れ(・欠損)の原因が構造耐力上の問題によらない場合に適用する。また、原因が構造耐力上の問題による場合は、補修工事の実施によりその問題が取り除かれていることが専門家の調査により確認された場合に限り適用する。
1.0㎜程度までの挙動(進行)がないひび割れ*には、樹脂注入工法、挙動(進行)のあるひび割れ*及びひび割れ幅が1.0㎜を超える場合にはUカットシール材充填工法の採用が一般的である。鉄筋の腐食を伴う大きな損傷の場合にはコンクリートの増打ち、躯体改修工法も想定される。
柱の鋼板巻き工法 G-1-302
柱の繊維シート接着補強 G-1-303
打直し工法 G-2-306
樹脂注入工法 G-2-301
Uカットシール材充填工法 G-2-302
シール工法 G-2-303
充填工法 G-2-304
躯体改修工法 G-2-305
(ジャッキアップ+)ピン柱による梁の補強 F-1-301 ひび割れ(・欠損)の補修は、ひび割れ(・欠損)の原因が構造耐力上の問題によらない場合に適用する。また、原因が構造耐力上の問題による場合は、補修工事の実施によりその問題が取り除かれていることが専門家の調査により確認された場合に限り適用する。
1.0㎜程度までの挙動(進行)がないひび割れ*には、樹脂注入工法、挙動(進行)のあるひび割れ*及びひび割れ幅が1.0㎜を超える場合にはUカットシール材充填工法の採用が一般的である。鉄筋の腐食を伴う大きな損傷の場合にはコンクリートの増打ち、躯体改修工法も想定される。
梁の鋼板張付け補強 F-1-302
梁の繊維シート接着補強 F-1-303
(ジャッキアップ+)梁の増打ち工法 F-1-304
樹脂注入工法 G-2-301
Uカットシール材充填工法 G-2-302
シール工法 G-2-303
充填工法 G-2-304
躯体改修工法 G-2-305
打直し工法 G-2-306
ALCパネルの取付構法の選択不良

ALCパネル、取付材の選択不良

ALCパネル、取付材の品質不良

ALCパネル、取付材の断面寸法等の不足

ALCパネル、取付材の配置・支持間隔の不良

ALCパネル、取付材の納まりの不良

ALCパネル等の割付不良

ALCパネルへの荷重想定の不適

ALCパネル工事に付帯する関連工事(建具工事、内装工事等)の施工不良
ALCパネル・取付材 ALCパネルの張替え G-2-312 0.4mm以下の細かい面的広がりを持つひび割れには表面処理剤の塗布、0.4mm以上のひび割れには漏水の状況に応じて、Uカットモルタル充填工法、Uカットシール材充填工法の適用が考えられる。
欠損部には充填工法を適用する。損傷の程度によっては、パネルの張替も考えられる。
補修により、美観上の問題が生じないことが確認された場合に限り適用する。
ALCパネル 表面処理剤の塗布(ALCパネル) G-2-701 C
Uカットモルタル充填工法(ALCパネル) G-2-702 C
Uカットシール材充填工法(ALCパネル) G-2-703 C
充填工法(ALCパネル) G-2-704 C
仕上材料の選択不良

仕上材料の品質不良

仕上材料等の施工不良
(塗装) 塗装・吹付け直し(ALCパネル) G-2-705 塗布部のみのひび割れには塗装・吹付け直しが考えられる。 C
* 参考:建築改修工事監理指針 平成28年版(第1版)(上巻)p390表4.3.1