補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】


内壁の傾斜N-1
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
(「基礎の沈下」の原因) 基礎 「基礎の沈下」を参照して、「基礎の沈下」の発生原因に対応した補修を実施し、併せて内壁の傾斜の補修を行う。 (K-1)
柱・大梁・小梁・壁のコンクリート及び鉄筋の規格不適・品質不良 外壁
一般部
(専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する)


(専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する)
柱・大梁・小梁・壁の断面寸法等不足

柱・大梁・ 小梁・壁の配筋方法 の不良 ・
コンクリートの 打設の 不良 ・
コンクリートの 養生不良

工事中の一時的な過荷重の積載
外壁
一般部
壁の打直し工法(外壁) G-1-304 住戸内面積の減少が許容される場合は施工しやすい壁の増打ち工法が考えられる。
壁の増打ち工法(外壁・耐震壁) G-1-305
柱の増打ち工法 G-1-301 せん断及び曲げに対する補強、他部位との取り合いの良さでは柱の増打ち工法が優れている。
帯筋の不良等をはじめとする耐力不足の補強には、鋼板巻き工法、繊維シート接着工法が有効である。
打直し工法は豆板等の欠損に適用する。
柱の鋼板巻き工法 G-1-302
柱の繊維シート接着補強 G-1-303
打直し工法 G-2-306
(ジャッキアップ+)
ピン柱による梁の補強
F-1-301 ピン柱による梁の補強及び、新たに柱の設置が困難な場合の梁の増打ち工法が梁のたわみを確実に修正できる方法と考えられる。
梁のたわみ進行防止には、鋼板張付け補強、繊維シート接着補強が有効と考えられる。
繊維シート接着補強は、短期間の工事が可能である。
打直し工法は豆板等の部分的コンクリートの欠損に適用する。
梁の鋼板張付け補強 F-1-302
梁の繊維シート接着補強 F-1-303
(ジャッキアップ+)
梁の増打ち工法
F-1-304
打直し工法 G-2-306
仕上材等の選択不良

仕上材等の品質不良

仕上材等の施工(取付け)不良
仕上材
下地材
下地材・仕上材の取替え(内壁部) N-1-001