補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】


界床に係る遮音不良(椅子の移動音や物の落下音等の床衝撃音)SO-2
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
床下地材等の性能不足 界床 軽量床衝撃音に対する遮音性能のある乾式二重床への交換 SO-2-301
  • 床構造が日本住宅性能表示基準・評価方法基準の第5の8-2で規定する「均質単板スラブ等」又は「ボイドスラブ」であり、等価厚さが「均質単板スラブ等」は130㎜以上、「ボイドスラブ」は200㎜以上であること。
  • 交換する床仕上材・下地材の対応高さ寸法の中に、既存のコンクリートスラブ面から床仕上面までの高さ寸法が含まれていること。
  • 本補修に伴う荷重の増加が構造計画上、支障とならない場合に適用が可能である。
床仕上材の性能不足 界床 軽量床衝撃音に対する遮音性能のある直張り床への交換 SO-2-302
  • スラブ素面から床仕上げ面までの厚さが補修前の厚さと概ね変わらないこと。
  • 本補修に伴う不陸調整のためのモルタル等による荷重の増加が構造計算上支障とならない場合に適用が可能である。


界壁に係る遮音不良SO-3
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
不適切な界壁への仕上材の施工方法 ・ 界壁の仕上材等の性能不足 界壁 せっこうボード直張り工法の空げき部分へのモルタル充填 SO-3-301
設備機器の設置方法の配慮不足 界壁 コンセントボックスが対面する位置にあるRC造の界壁の補修 SO-3-302
不適切な界壁への仕上材の施工方法 ・ 界壁の仕上材等の性能不足 界壁 断熱材の折り返し部分にせっこうボード直張り工法を採用したRC造の界壁の補修 SO-3-303


外壁開口部に係る遮音不良SO-4
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
外部建具等の選択不良、品質・規格不適、設計上の納まり・施工及び建付け調整不良 ・ 騒音源の存する方位に対する適切な外部建具選択への配慮不足 外壁開口部 遮音性能のある外部建具への交換 SO-4-301


その他の騒音SO-5
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
床仕上材の選択不良、品質・規格不適 ・ 適切な床仕上材選択への配慮不足 仕上材 弾力性のあるビニル床シート材への交換 SO-5-301
バルコニー手すりの設置環境における部材形状等の配慮不足 バルコニー手すり バルコニー手すりの風騒音(笛吹き音)を防止する補助部材の設置 SO-5-302