補修方法編

補修方法シート

【鉄筋コンクリート造住宅】


床振動V-1
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
(「基礎の沈下」の原因) 基礎 「基礎の沈下」を参照して、「基礎の沈下」の発生原因に対応した補修を実施し、併せて床のたわみの補修を行う。 (K-1)
スラブ・梁のコンクリート及び鉄筋の規格不適・品質不良 梁・小梁・スラブ (専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する)
スラブ・梁の断面寸法等の不足

スラブ・梁の配筋方法の不良

コンクリートの打設の不良

コンクリートの養生の不良

工事中の一時的な過荷重の積載
梁・小梁 (ジャッキアップ+)
ピン柱による梁の補強
F-1-301 ピン柱による梁の補強及び、新たに柱の設置が困難な場合に適用する梁の増打ち工法が梁のたわみを修正できる方法と考えられる。
梁のたわみ進行防止には、鋼板貼付け補強、繊維シート接着補強が有効と考えられる。
繊維シート接着補強は、短期間の工事が可能である。
打ち直し工法は豆板等の部分的コンクリートの欠損に適用する。
梁の鋼板張付け補強 F-1-302
梁の繊維シート接着補強 F-1-303
(ジャッキアップ+)
梁の増打ち工法
F-1-304
打直し工法 G-2-306
スラブ スラブ上面増打ち工法 F-2-301 スラブ下に梁を設けることができる場合は、スラブ下面鉄骨小梁新設が床たわみを補修できる工法と考えられる。
スラブ下面の補強工事が困難な場合には、スラブ上面増し打ち工法が考えられる。スラブのたわみ進行防止には繊維シート接着補強が考えられる。
スラブ下面鋼板張工法 F-2-302
スラブ下面繊維シート接着補強 F-2-303
(ジャッキアップ+)
スラブ下面鉄骨小梁新設
F-2-304
床下地・仕上材の張替え F-3-701
床仕上材等の選択不良

床仕上材等の品質不良

床仕上材等の留付け不良
仕上材 フローリングの張替え F-4-701
下地材 床下地・仕上材の張替え F-3-701
床仕上材等の選択不良

床仕上材等の品質不良

床仕上材等の留付け不良
仕上材
下地材
床下地・仕上材の張替え F-3-701

水平振動V-2
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
基礎の沈下 基礎 「基礎の沈下」を参照して、「基礎の沈下」の発生原因に対応した補修を実施する。 (K-1)
柱・大梁・小梁・壁のコンクリート及び鉄筋の規格不適・品質不良 外壁
一般部
(専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する)


柱・大梁・小梁・壁の断面寸法等不足

スラブ・柱・梁・壁の配筋方法の不良

コンクリートの打設の不良

コンクリートの養生不良

工事中の一時的な過荷重の積載
外壁
一般部
壁の打直し工法(外壁) G-1-304 住戸内法減が許容される場合は施工しやすい壁の増し打ち工法が考えられる。
壁の打ち直し工法の場合には耐震ブレースによる補強等、一般的な耐震改修工事が想定される。
壁の増打ち工法
(外壁・耐震壁)
G-1-305
柱の増打ち工法 G-1-301 せん断及び曲げに対する補強、他部位との取り合いの良さでは柱の増打ち工法が優れている。
帯筋の不良等をはじめとする耐力不足の補強には、鋼板巻き工法、繊維シート接着工法が有効である。
打直し工法は豆板等の欠損による剛性低下の場合に適用する。
柱の鋼板巻き工法 G-1-302
柱の繊維シート接着補強 G-1-303
打直し工法 G-2-306
(ジャッキアップ+)
ピン柱による梁の補強
F-1-301 ピン柱による梁の補強及び、新たに柱の設置が困難な場合の梁の増打ち工法が梁のたわみを確実に修正できる方法と考えられる。
梁のたわみ進行防止には、鋼板張付け補強、繊維シート接着補強が有効と考えられる。
繊維シート接着補強は、短期間の工事が可能である。
打直し工法は豆板等の部分的コンクリートの欠損に適用する。
梁の鋼板張付け補強 F-1-302
梁の繊維シート接着補強 F-1-303
(ジャッキアップ+)
梁の増打ち工法
F-1-304
打直し工法 G-2-306
水平構面の剛性不足 スラブ スラブ上面増打ち工法 F-2-301

設備からの騒音、振動V-3
RC造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
機器・管材等の種類、規格の不適 水栓

給水配管

給湯配管
水栓の取付け直し V-3-002
配管の径の不足 排水配管 器具用通気弁の取付け V-3-003
配管ルート・勾配の不良 排水配管 器具用通気弁の取付け V-3-003
機器・管材等の
支持・固定方法の不良
換気扇

ダクト
換気扇・ダクト等の交換工事 V-3-001
水栓

給水配管

給湯配管
水栓の取付け直し V-3-002
機器等の老朽化 換気扇 換気扇・ダクト等の交換工事 V-3-001
騒音源の存する方位に対する適切な機器等選択への配慮不足 換気フード 遮音性のある換気フードへの交換 V-3-004
  • 換気フード内部に設置された吸音材表面に油分及び水分等に対して耐久性のある素材が張られた製品を選定する必要がある。
  • 換気フード・ダクトの圧力損失を計算で確認することが必要である。
駐輪機本体の固定方法の不良 ・ 駐輪機可動部の防振・防音措置不良 駐輪機 駐輪機からの音・振動の伝搬を防止する措置 V-3-005
  • 防振ゴムは、設置可能な箇所数に応じて1ヶ所あたりの負担荷重とばね定数とを算定する必要がある。
騒音源の存する方位に対する適切な機器等選択への配慮不足 換気フード 遮音性のある換気フードへの交換 V-3-004
  • 換気フード内部に設置された吸音材表面に油分及び水分等に対して耐久性のある素材が張られた製品を選定する必要がある。
  • 換気フード・ダクトの圧力損失を計算で確認することが必要である。
駐輪機本体の固定方法の不良 ・ 駐輪機可動部の防振・防音措置不良 駐輪機 駐輪機からの音・振動の伝搬を防止する措置 V-3-005
  • 防振ゴムは、設置可能な箇所数に応じて1ヶ所あたりの負担荷重とばね定数とを算定する必要がある。
衛生器具類の選定不良 給水配管 給水管からの音・振動の伝搬を防止する措置(水撃防止器の設置) V-3-301
配管の支持・固定方法の不良 ・ 床を貫通する配管の防振対策の不良 ・ 配管の遮音対策不良 排水配管 排水管からの音・振動の伝搬を防止する措置 V-3-302
  • 防振材の物性や設置箇所数については、防振系の固有振動数等を計算の上、適正な値になるよう決定する必要があり、必要に応じて専門家に相談して決定する。
配管類の支持・固定方法の不良 ・ ポンプ本体の防振措置不良 排水配管 ・ 排水ポンプ 排水ポンプからの音・振動の伝搬を防止する措置 V-3-303
衛生設備機器構成部材の選択不良 ・ 下階室用途に対する適切な仕様選択への配慮不足 大便器 大便器からの音・振動の伝搬を防止する措置 V-3-304
  • 床上の壁排水便器に適用する。
自動ドアエンジン部及びサッシ枠の防振措置不良 自動ドア 防振構造の自動ドアへの交換 V-3-305
  • 既存の自動ドアの高さ及び幅と同寸法のドアに交換することが必要な場合は、ドア周囲の躯体はつり工事が発生する場合があり、構造上の検討等が必要な場合がある。
*V-3-001~005は木造住宅(在来軸組工法・枠組壁工法)補修方法編を参照のこと。