補修方法編

補修方法シート

【鉄骨造住宅】


内壁の傾斜N-1
S造

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
(「基礎の沈下」の原因) 基礎 「基礎の沈下」を参照して、「基礎の沈下」の発生原因に対応した補修を実施し、併せて内壁の傾斜の補修を行う。
骨組の鉄骨、スラブのコンクリート・鉄筋の規格不適・品質不良

骨組の防錆措置の不良


(専門家と個別に相談を行い、補修方法を決定する。)
骨組の断面寸法等の不足

骨組の配置・支持間隔の不良

骨組の架構・接合方法の不良
カバープレートの溶接(柱) G-1-404 接合部の溶接により断面不足を補強できることが構造計算により確認された場合には、カバープレートの溶接を行う。
接合部の溶接により断面不足を補強することができない場合には、形鋼の取付けを行うことも考えられる。
形鋼の取付け(柱) G-1-405
カバープレートによる補強(梁) F-1-401 接合部の溶接により断面不足を補強できることが構造計算により確認された場合には、 カバープレートの溶接(梁フランジ溶接部がすみ肉溶接の場合にも適用可能)・三角プレートの溶接を行う。ただしこれらの場合には、梁上部スラブを一部取り除く必要がある。
接合部の溶接により断面不足を補強することができない場合には、形鋼の取付けを行うことも考えられる。
三角プレートの溶接(梁) F-1-402
形鋼の取付け(梁) F-1-403
鉛直
ブレース
鉛直(水平)ブレースの新設 G-1-406 ブレースの箇所数が不足している場合には、ブレースを新設することが考えられる。
ガセットプレートの補強 G-1-407
柱脚部 アンカーボルトの増設 G-1-401 柱脚が半固定または固定で設計されており、曲げ剛性が不足している場合には補強ブラケット及びアンカーボルトの増設が考えられる。
アンカーボルトが破断している場合には、柱脚及びアンカーボルトの新設が考えられる。
柱とベースプレートの溶接に問題がある場合に、溶接の再施工を行うことが考えられる。
柱脚部の取替え、アンカーボルトの新設置 G-1-402
リブプレートによるベースプレートの溶接補強 G-1-403
梁仕口 カバープレートによる補強(梁) F-1-401
梁継手 ボルトの材質変更又はサイズアップ、スプライスプレート(添え板)の板厚増加 F-1-405 ボルト接合部の強化(F-1-405)による強度の増加が不可能な場合には、 スプライスプレート周辺にすみ肉溶接を施しボルト接合の不足分を補う併用継手とすることも考えられる。
スプライスプレート(添え板)の溶接(梁) F-1-406
パネル
ゾーン
ダブラープレートのパネルゾーンへの設置 F-1-404
水平構面の剛性の不足 水平
ブレース
鉛直(水平)ブレースの新設 G-1-406 ブレースの箇所数が不足している場合には、ブレースを新設することが考えられる。
ガセットプレートの補強 G-1-407
仕上材等の選択不良

仕上材等の品質不良

仕上材等の施工(取付け)不良
仕上材
下地材
下地材・仕上材の取替え(内壁部) N-1-001