補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(在来軸組工法)】

基礎のひび割れ・欠損増し打ち工法K-2-504
木軸・木枠
工事概要

ひび割れや欠損、爆裂等で損傷し、耐力劣化した基礎に対して劣化部分を除去・補修した上で、断面寸法を増やす形でコンクリートを増し打ちし、補強修復するする工法。
基礎ジャッキアップ、基礎天端レベル調整等沈下を修正するうえで、基礎躯体の補修・補強工法として併用する。


概要図(chord作成)
対応する不具合と原因 不具合
  • 基礎のひび割れ、欠損(K-2)
原因
  • 基礎の断面寸法等の不足
  • 基礎の配置・間隔不良
  • 基礎の補強筋の不良
  • 床下換気口等、開口部補強等の不良
  • 施工方法の選択不良
  • コンクリートの打設不良、品質不良、養生不良
適用条件
  • 断面補強、かぶり厚さ確保等を目的とする場合に適用可能である。
  • 補強に伴う荷重の変動を考慮した長期荷重によって既存の架構に生ずる力が長期許容応力度内に収まっており、原則として躯体コンクリートに不良箇所がない場合に適用が可能である。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査により適用条件を満たしていることを確認する。
ひび割れ・欠損等の状況を確認し、工事計画を立てる。
2.仕上材等の撤去
施工範囲の床仕上材・下地材を撤去する。(*1)
3.損傷部の補修
立上り部の表面仕上材を撤去する。
基礎低盤上面まで地盤を根切る。
ぜい弱部をはつり取り、健全なコンクリート下地を出す。(参考:参考文献1)
鉄筋が露出している場合は、錆を除去し、防錆処理を施す。鉄筋が露出していない場合でも発錆が推測される場合は、コンクリートをはつり取って鉄筋を露出させて、錆を除去する。
必要な場合には添え鉄筋、配筋を行う。
ひび割れ部を樹脂注入工法で補修する。
4.基礎立上がり部増し打ち・養生(参考:参考文献1)
既存布基礎の増し打ち部分の面の目荒らし、あと施工アンカー(M12 L=500)施工。
鉄筋工事(立上がり)
型枠工事(立上がり)
コンクリート打設(立上がり)
  • 接着性並びに防水性、遮塩性などの性能を改善するためポリマーを混入したコンクリートを適用する場合もある。
  • 数量が多い場合は、生コンクリートを使用する。少ない場合は現場調合コンクリートを使用する。
養生
  • 1週間以上コンクリートを養生する。(寒冷期においては、コンクリートを寒気から保護し、打込み後5日間以上はコンクリートを2℃以上に保つこと。)
コンクリート強度を確認し、型枠を解体・撤去する。
埋め戻し
5.仕上材等の復旧
撤去した仕上材等の復旧を行う。(*1)
6.最終確認
工事の仕上りを確認する。
仮設・養生シートなどを撤去し、後片付け、清掃を行う。
備考
  • あと施工アンカーを用いて補修を行う場合は平成13国交告第1024号「特殊な許容応力度及び特殊な材料強度を定める件」に適合する必要がある。
*1:基礎の沈下修正工事と併用する場合は、工事内容が重複するので注意すること。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成28年版(第1版)(国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一社)公共建築協会 (一社)公共建築協会
2 「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」 国土交通省住宅局建築指導課 国土交通省HP