補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(在来軸組工法)】

基礎のひび割れ・欠損シール工法K-2-602
木軸・木枠・S造
工事概要

躯体コンクリートやモルタル層に発生した幅が狭く浅いひび割れからの漏水を防止するために、ひび割れに沿ってシール材を塗布する工法である。(参考:参考文献4)


概念図(単位:mm)
(引用:参考文献4一部加筆)
対応する不具合と原因 不具合
  • 基礎のひび割れ、欠損(K-2)
原因
  • 基礎の断面寸法等の不足
  • 基礎の配置・間隔不良
  • 基礎の補強筋の不良
  • 床下換気口等、開口部補強等の不良
  • 施工方法の選択不良
  • コンクリートの打設不良、養生不良
  • 仕上材の施工不良
適用条件
  • ひび割れの原因が、構造耐力上の問題によらない場合に適用する。
  • ひび割れの原因が、構造耐力上の問題による場合は、補修工事の実施によりその問題が取り除かれていることが専門家の調査により確認された場合に限り適用する。
  • ひび割れ幅が0.2mm程度未満の場合に適用する。(参考:参考文献1)
  • 補修により、美観上の問題が生じないことが確認された場合に限り適用する。
工事手順の例
1.事前調査
現場調査により適用条件を満たしていることを確認する。
ひび割れの状況を確認し、工事計画を立てる。
プライマ―・シール材の選定を行う。
  • ひび割れが挙動(進行)しない場合はパテ状エポキシ樹脂を、ひび割れが挙動(進行)する場合は可とう性エポキシ樹脂を使用する。
2.仕上材等の撤去
施工する基礎回りの地盤を10~15㎝程度(基礎底盤まで)掘り下げる。
必要な場合は、施工範囲をシート等で養生する。
外装仕上材を撤去し、コンクリート表面を露出させる。
3.下地の処理
コンクリートの表面をワイヤーブラシ等で荒らすと共に、表面の付着物を取り除き水洗いなどで清掃した後、乾燥させる(a)。
4.シール材の塗布
シール材をパテヘラ等で幅10㎜、厚さ2㎜程度に塗布し(c)、平滑に仕上げる(d)。(参考:参考文献1、参考文献5)可とう性エポキシ樹脂を使用する場合は、あらかじめプライマーを使用する(b)。(参考:参考文献5)
ひび割れが挙動(進行)する場合は、ひび割れに沿って幅10~15㎜の絶縁材を張り付け、この上にシール材を塗布する。

シール工法の手順(引用:参考文献1,5)
5.仕上材等の復旧
仕上材等の復旧を行う。
6.最終確認
工事の仕上り、止水状況を確認する。
仮設、養生シート等を撤去し、後片づけ、清掃を行う。
備考

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 建築改修工事監理指針 平成28年版(上巻)(第1版第2刷)[p332図4.1.5, p 356(4.2.2),p 398~399図4.3.5](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一財)建築保全センター (一財)建築保全センター
2 鉄筋コンクリート造建築物の耐久性向上技術[p166~170](建設大臣官房技術調査室) (財)国土開発技術研究センター 建築物耐久性向上技術普及委員会 技報堂出版(株)
3 コンクリートのひびわれ調査,補修・補強指針(2013)[p126~127] (公社)日本コンクリート工学会 (公社)日本コンクリート工学会
4 外壁仕上げの損傷事例 原因と対策[p26] 日本建築仕上学会 (株)技術書院
5 打放しコンクリート外壁の補修・改修技術[p107~108](建設大臣官房技術調査室) 外装仕上げおよび防水の補修・改修技術出版企画編集委員会
(財)日本建築センター
(財)建築保全センター
(財)日本建築センター
(財)建築保全センター