補修方法編

補修方法シート

【木造住宅(在来軸組工法)】


内壁の傾斜N-1
木軸

原 因 不具合事象の発生している主要部位 補修方法 シートNo.
(シートNo.群)
補修工事の特性 居住条件
(「基礎の沈下」の原因) 基礎 「基礎の沈下」を参照して、「基礎の沈下」の発生原因に対応した補修を実施し、併せて内壁の傾斜の補修を行う。 (K-1)
軸組の断面寸法等の不足 柱による梁の補強 F-1-101 補強柱が壁面内に納められる場合に限り、柱による梁の補強が想定される。天井懐に余裕がない場合には溝形鋼による梁の補強が、又、天井懐に納まる場合には、H形鋼や添え梁による梁の補強が想定される。梁の交換は、以上の補修方法で対応できない場合にも適用可能な方法である。
溝形鋼による梁の補強 F-1-102
H形鋼による梁の補強 F-1-103
添え梁による梁の補強 F-1-104
梁の交換 F-1-106
柱の交換 G-1-101 筋かいを新設できる壁面がない場合は、既設筋かいを補強し、壁倍率を上げる方法が考えられる。
筋かいの補強・緊結部補強 G-1-103
筋かい 耐力壁(筋かい)の新設 G-1-102 筋かいを新設できる壁面がない場合は、既設筋かいを補強し、壁倍率を上げる方法が考えられる。
筋かいの補強・緊結部補強 G-1-103
火打ち材 火打ち梁の追加 G-1-104
軸組の材料の選択不良 梁の交換 F-1-106
柱の交換 G-1-101
筋かい 耐力壁(筋かい)の新設 G-1-102
火打ち材 火打ち梁の追加 G-1-104
軸組の材料の品質不良
(上階)
溝形鋼による梁の補強 F-1-102 天井懐に余裕がない場合には溝形鋼による梁の補強が、又、天井懐に納まる場合には、H形鋼や添え梁による梁の補強が想定される。梁の交換は、以上の補修方法で対応できない場合にも適用可能な方法である。
限定的な補強には添え梁による補強(側面)が想定される。
H形鋼による梁の補強 F-1-103
添え梁による梁の補強 F-1-104
添え梁による梁の補強(側面) F-1-105
梁の交換 F-1-106
柱の交換 G-1-101 筋かいを新設できる壁面がない場合は、既設筋かいを補強し、壁倍率を上げる方法が考えられる。
筋かいの補強・緊結部補強 G-1-103
筋かい 耐力壁(筋かい)の新設 G-1-102 筋かいを新設できる壁面がない場合は、既設筋かいを補強し、壁倍率を上げる方法が考えられる。
筋かいの補強・緊結部補強 G-1-103
火打ち材 火打ち梁の追加 G-1-104
軸組の架構・接合方法の不良
(上階)
梁と柱の仕口部分を添え柱により補強 F-1-107 平面計画上支障の無い場合は添え柱による補強も可能であるが、支障がある場合、金物による補強が想定される。
梁と柱の仕口部分を受け金物により補強 F-1-108
柱の交換 G-1-101 筋かいを新設できる壁面がない場合は、既設筋かいを補強し、壁倍率を上げる方法が考えられる。
筋かいの補強・緊結部補強 G-1-103
筋かい 耐力壁(筋かい)の新設 G-1-102 筋かいを新設できる壁面がない場合は、既設筋かいを補強し、壁倍率を上げる方法が考えられる。
筋かいの補強・緊結部補強 G-1-103
火打ち材 火打ち梁の追加 G-1-104
耐力壁量の不足 筋かい 耐力壁(筋かい)の新設 G-1-102 筋かいを新設できる壁面がない場合は、既設筋かいを補強し、壁倍率を上げる方法が考えられる。
筋かいの補強・緊結部補強 G-1-103
面材 耐力壁(面材)の新設 G-1-105 B
水平構面の剛性の不足 火打ち材 火打ち梁の追加 G-1-104
仕上材等の選択不良

仕上材等の品質不良

仕上材等の施工不良
仕上材下地材 下地材・仕上材の取替え
(内壁部)
N-1-001