住宅紛争処理技術関連資料集

補修費用の目安

基礎の沈下土台のジャッキアップ+基礎天端レベル調整K-1-105
木軸

不具合の程度 基礎が全体的に沈下し沈下量は3㎝(沈下は既に沈静化している)

A.積算の前提条件
(a)
立地・敷地条件
イ)
地 域:東京(区部)
ロ)
敷 地:① ほぼ平坦な敷地
② 工事用車両の進入が可能
③ 建物外周部に1.5~2.0m程度の空きがある
(b)
建物概要
イ)
構造等:2階建在来軸組工法、一戸建て専用住宅
ロ)
床面積:約150㎡(1階-80㎡  2階-70㎡)
ハ)
仕上等
部位 仕上 備考
外壁(1階) 窯業系サイディング張り ロックウール50㎜充填
内壁(1階) せっこうボード9.5mm下地ビニル壁紙張り -
床 (1階) 合板12mm下地複合フローリング12mm張り ロックウール50㎜敷込み
ニ)
基礎:鉄筋コンクリート造直接基礎(布基礎)
(c)
補修工事の発注形態
住宅取得者が工事業者へ発注
(d)
補修工事概要
イ)
工事対象部分・規模:布基礎全体(延べ88m程度)
ロ)
工事範囲等
範  囲
  • 1階床土台周囲(50cm程度の範囲)の内装下地材、断熱材及び根太等は除去、新規再施工
  • 1階各室の壁及び床の内装仕上材は除去、新規張替え
  • 土台、柱、大引、束、建具等は既設のまま(不陸調整は行う)
付帯する工事
  • 床下設備配管は一旦切り離し、再接続を行う
備  考
  • 電気設備及び屋外設置設備等は工事範囲外

B.補修工事費の目安
(a)
工事費の設定
イ)
設定方法
  • A.(a)~(d)および以下の①~④を条件として、工事業者より見積りを徴集(4社)。
  • 見積り内容を確認し、積算の前提条件を満たしていないものを除外する(0社)。
  • 見積り金額の平均値を求め、平均値との差が小さいものから順に3社を抽出し、その最低金額から最高金額の範囲を工事費の目安とする。
調査費は含まない。
家具等の移動にかかる費用は含まない。
工事用仮設電力・水道費は含まない。
居住者の移転費用は含まない。
ロ)
工事費の目安
1,000万円~1,300万円 (3社)、(平成12年4月現在)
(b)
工事費の変動要素(提示条件内での変動)
イ)
近隣対策・安全対策の程度(養生方法、範囲等)
ロ)
ジャッキアップ工事等の外部委託の程度
ハ)
内外装材の仕様・グレード
(c)
工期
2ヶ月程度

C.参考図
補修工事名称
土台のジャッキアップ+基礎天端レベル調整
工事No
K-1-105
不具合の程度 基礎が全体的に沈下し沈下量は3㎝(沈下は既に沈静化している)
基礎伏図
基礎断面図