住宅紛争処理技術関連資料集

使用する検査機器


建築

機器の名称 標準法によるホルムアルデヒド用捕集・分析機器
機器の使用目的 室内空気中の化学物質濃度測定の標準的な測定方法に対応した測定
機器の概要 ポンプで吸引することにより、室内の空気を捕集管(カートリッジ)に通し、ホルムアルデヒドを捕集する。
ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド等のアルデヒド類を捕集する場合には、DNPHと呼ばれる薬剤を用いた捕集管が用いられる。
捕集後は、分析機関においてアセトニトリルにより抽出し、高速液体クロマトグラフ(HPLC)で定性、定量する。
使用方法の概要
基本的に捕集管、ポンプ、ガスメーター(流量計)の順に接続する。
流量制御が可能なポンプを用い、捕集管にホルムアルデヒドを捕捉する。ポンプによる吸引時間は濃度と流量により30~60分が一般的である。
捕集サンプルが汚染されないよう密閉して分析機関まで運び、専用の高速液体クロマトグラフ装置で分析する。
ポンプと流量計が一体となった捕集装置の例
(ここでは、ホルムアルデヒド用とVOC用の2台を並列して行っている)
高速液体クロマトグラフ
捕集に使うDNPHカートリッジの例
関連する不具合事象 室内空気の汚染
備考 関連する規格には以下のものがある。
JIS A 1962:2015「室内及び試験チャンバー内空気中のホルムアルデヒド及び他のカルボニル化合物の定量-ポンプサンプリング」