住宅紛争処理技術関連資料集

使用する検査機器


建築

機器の名称 高所観察用ビデオカメラ
機器の使用目的 建物の床下や天井裏、屋根などの高所の観察
機器の概要
高所観察用ビデオカメラは、建物の床下や天井裏など、人が入りにくい箇所の観察や屋根などの高所の観察など、はしごや脚立などを使わず、一人で安全に、効率よく行えるよう、伸縮可能なポールの先端にデジタルカメラを取付けたものである。
三脚に取付け、高さ10mまで伸縮可能なアルミ製ポール先端にデジタルカメラを搭載し、カメラのズームや向きなどを、ポール手元で操作できるものなどがある。
一般的に、液晶モニターや記録媒体を内蔵もしくは取付けが可能で、複数の人による現場観察や画像の記録が行える。
カメラユニット部の一例

高所観察用ビデオカメラの一例
使用方法の概要
<三脚取付け型高所観察用ビデオカメラの操作方法例>
[屋根の確認]
屋根高さまで、ポールの伸長。
モニター確認により操作。
屋外観察であり、降雨等に注意。
[天井裏の観察]
  • 天井裏や小屋裏は、部材が交錯しているので、カメラ破損防止のロッドを設ける。
[床下の観察]
  • カメラと伸縮ポールを逆さまに三脚に取付けて観察する。
使用イメージ
関連する不具合事象 「勾配屋根の変形」「降水による漏水」
備考 屋根等の外観観察用の簡易なものに、高倍率の双眼鏡や望遠鏡などがあげられる。