住宅紛争処理技術関連資料集

使用する検査機器


建築

機器の名称 パッシブ法によるホルムアルデヒド用採取機器
(チューブ型TEA含浸シリカゲル式)
機器の使用目的 室内空気中の化学物質濃度測定のパッシブ型採取機器による測定方法に対応した測定
機器の概要 空気中の化学物質の採取にポンプを用いず、拡散原理により捕集面や捕集管に吸着させて分析に供する。ホルムアルデヒドなどのカルボニル類専用の機器にて採取しなくてはならない。サンプリングに要する時間は、吸着能力と濃度により決まるが、一般に1日程度と“標準的な測定法”より長く、その時間帯における平均濃度が測定できる。捕集後の分析方法がほぼ同様ことから“標準的な測定法”と同等な信頼性を認められている機器もある。
使用方法の概要 微細な孔の開いた(開孔率50%)のテフロン管にトリエタノールアミンを含浸したシリカゲルを充填したもの。
  • パッシブガスチューブを袋から取り出し、専用ホルダに固定し、所定の測定場所に24時間程度放置する。
  • サンプリング終了後、元の袋に収納し、密封して分析機関で分析する。
  • 分析機関では、吸光光度計を使ったAHMT法、高速液体クロマトグラフを使ったHPLC法のいずれかで分析する。

パッシブガスチューブの例
関連する不具合事象 室内空気の汚染
備考 関連する規格には以下のものがある。
JIS A 1963:2015「室内空気中のホルムアルデヒドの定量-パッシブサンプリング」 附属書A(A.1.1)参照