住宅紛争処理技術関連資料集

【木造住宅(在来軸組工法)】
水平振動
想定される原因
  1. 軸組および床構成部材等の断面寸法等の不足
  2. 材料および床構成部材等の選択(木材の樹種等)不良
  3. 軸組および床構成部材等の配置・支持間隔の不良
  4. 軸組および床構成部材等の架構・接合方法の不良
  5. 耐力壁量(平面計画、開口計画、壁倍率設定)の不足
    準耐力壁等(腰壁等)の量の不足
  6. 水平構面の剛性確保の仕様の不良
  7. 木材の基準強度不足
想定される原因
  1. 軸組および床組構成部材等の断面寸法等の不足
  2. 軸組および床組構成部材等の材料の選択
    (木材の樹種等)不良
  3. 軸組および床組構成部材等の材料の品質
    (木材の乾燥状況等)不良
  4. 軸組および床組構成部材等の配置・支持間隔の不良
  5. 軸組および床組構成部材等の架構・接合方法の不良
  6. 耐力壁量の不足、配置の不良、準耐力壁等(腰壁等)の量の不足
  7. 水平構面の剛性確保の仕様の不良
  8. 木材の基準強度不足
より専門性の高い知見を
有する者による詳細な調査
総合的な原因の判定