調査方法編

設備からの漏水(概説)

1.設備からの漏水の発生

住宅内で漏水が起きたときは、まずその漏水の原因を探ることが必要である。漏水は、設備以外にでも、雨水などが屋根や外壁の防水を通過して、内部に浸入して室内に漏水する場合もあり、まず建築的に発生した漏水であるか、設備的に発生した漏水であるかを見極めることが重要である。

2.設備からの漏水の種類

建築からの漏水でないと判断されたとき、考えられる漏水は以下の種類が考えられる。

(1)
配管類からの漏水
給水配管、給湯配管、排水配管の直管部や継手部、あるいは器具との接続部などに何らかの異常が発生しての漏水で、少量の長期的な漏水の場合、突然の大量の漏水の場合などがある。漏水箇所と配管の設置位置との関連から漏水の種類を想定することになるが、漏水の水道が必ずしも直近とは限らない。住宅の屋外では、地中に埋設された給水配管、排水配管などからの漏水もある。
(2)
器具等からの漏水
水周りには、漏水が発生する可能性のある容器が多数ある。台所周りでは流し台、食器洗い乾燥機、給湯機、浄水器など、便所周りでは便器、手洗い器、温水洗浄便座など、浴室周りでは浴槽、洗い場、浴室ユニットなど、洗面所周りでは洗面器、自動洗濯機、洗濯機防水パンなどがある。屋外設置の機器類では、屋外設置給湯機や貯湯槽、浄化槽など比較的発見しにくい漏水もある。
(3)
ドレンからの漏水
設備機器などでは膨張水や凝縮水を排出することが必要な機器がある。これらの機器にはドレンホースが取り付けられており、これらのドレン水が何らかの理由により溢れて漏水に至ることがある。エアコン室内機からのドレン、電気温水器からの膨張水、ヒートポンプ給湯室外機からの凝縮水、潜熱利用ガス給湯機からのドレンなどがこれにあたる。少量のために発見されにくいことが多いため注意が必要である。
(4)
ダクト結露による漏水
湿った温かい空気が冷却されると結露する。冷たい便器ロータンクや、冷たい配管表面に露を結ぶことがよくあるが、温度の変化により再び水蒸気になり滴り落ちるほどになることは少ない。浴室の換気用ダクトが外気に近接するところで内部結露を起こす場合がある。ダクトのこう配が逆になっていると、ダクト内に結露水が溜まり、浴室や洗面室の天井部に漏水することがある。

3.発生原因と調査方法

住宅の不具合として取り上げられる主な漏水に関しての、発生の原因、調査の方法等については、「設備に関する不具合」の項を参照のこと。