調査方法編

床
床とは、床板又は床版といわれる水平構面と床下地材・床仕上材を総称していう。
床の水平構面は、鉛直荷重に対して十分な強度や剛性を持ち、鉛直荷重を床の周囲の柱等に安全に伝達するとともに、上部の構造から伝達された地震や風等の水平荷重を、柱等を通して確実に基礎・地盤に伝える必要がある。建物の構造安全上、水平構面の剛性が不十分であると、水平荷重を垂直構面に伝達できず、一部の柱等に外力が集中して、柱等の変形・破壊等を起こすため、床の水平構面には「平面的なせん断変形が生じない構造等であること」、「劣化により構造体としての剛性を失うことがないこと」等が求められる。
建物の構造上水平構面を形成する部位として、床のほかに屋根があるが、屋根については別項目で取り上げる。
<鉄骨構造に使用される床構造の構造別分類>
鉄骨構造に使用される床構造
1.
鉄骨構造
組床方式
  • 鉄骨受材(大引き、束等)又は鉄骨と木材(根太等)との混用による組床
床版方式
  • プレハブパネル床=鉄骨梁+床版(ALCパネル、PC版等)(+水平ブレース)
  • デッキ構造スラブ=鉄骨梁+デッキプレート
  • 合成スラブ(合成床版)=鉄骨梁+デッキプレート(構造耐力用※2)+コンクリート
2.
木造(組床)
3.
鉄筋コンクリート構造(スラブ床)(※1)
  • デッキプレート(捨て型枠※2)+コンクリート

鉄骨構造の床構造には上記の様に、木造や鉄筋コンクリート構造等の床も使用される。しかし、鉄骨構造の中でも、戸建住宅のように比較的小規模な建物においては、床の重量が大きな鉄筋コンクリート構造床スラブを用いる事例は少なく、多くの住宅では、鉄骨構造床又は木造床が用いられている。デッキプレートを捨て型枠として用いる鉄筋コンクリート構造スラブ床は、耐火性能を要求される共同住宅等で使用される床構造である。(本編では鉄骨構造床と木造床を対象とする。)

※1
コンクリートスラブ床は、鉄骨の大梁と緊結して合成梁とする場合と、大梁と緊結しない単純なRCスラブとする場合がある。合成梁設計の場合には、鉄骨梁と鉄筋コンクリート構造床との一体化を図るため、シアコネクター(鉄筋を溶接したものや頭付スタッド等)を用いる。
※2
コンクリート打設の場合に、デッキプレートを捨て型枠とするか、コンクリートと一体の耐荷重要素として組み入れるかは、スパン・荷重・耐火・施工・経済性等の設計条件をもとに総合的に検討・判断する。
<鉄骨構造の戸建住宅に使用される床の分類>
鉄骨構造の戸建住宅において使用される鉄骨構造床又は木造床は、工法により、各階ごとに以下のように分類される。
鉄骨構造に使用される床構造は、階下床と階上床に区分され、仕上げのディテールは同じであるが、床組の構成は異なっている。階下床は床荷重の大半を直下の地盤に支持させる床組であり、階上床は床荷重を柱や梁等に伝達させる床組で、床そのものが骨組の一要素をなしている。
鉄骨構造床 木造床
組床方式 床版方式
階下床 ①③
階上床 ⑤⑥
(1)
階下床
束立床
  • 木造と同様に、大引き、根太、床束、根がらみ貫を床組構成部材とする。
コンクリートスラブ床
  • 所定の床の高さに、コンクリ-トスラブを設ける。
二重床
  • コンクリートスラブ(又は土間コンクリート)の上に、支持脚(既製品)を立て床組を構成する。
(2)
階上床
根太形式床
  • 木造大引き、又は山形鋼、溝形鋼等の大引きを鉄骨梁間に渡し、木造根太を掛ける。
デッキプレート床
  • 規格版長に割付けられた受材にデッキプレートを敷き並べ、溶接、タッピングねじ止め等により取り付ける。
  • デッキプレート自体を構造床とする工法(デッキ構造スラブ)とコンクリートとの合成スラブとする工法(合成スラブ構造)がある。
パネル床
  • ALCパネルを、その長さに応じた必要なかかり代で梁や受材に架け、ALCパネルの接合部を受材または受材に溶接されたスラブプレート、目地鉄筋とモルタル又は金具止め等で取り付ける。
(3)
鉄鋼系プレハブ床
  • 鉄製及び木製等で構成された床パネル等を金物、ボルト等で固定する鉄鋼系プレハブ床がある。
階下床構成の例

束立床(引用1,一部加筆) 

コンクリートスラブ床(引用1,一部加筆)

二重床(引用1,一部加筆)
引用1
  • 「鉄骨造入門 設計の基本とディテール 改訂第三版」p48、p49(伊藤高光、古谷幸雄、武田照雄著、(株)彰国社発行)

鉄鋼系プレハブ床(ALCパネル床)
(引用2)

鉄鋼系プレハブ床(パネル床)
(引用2)

鉄鋼系プレハブ床(ユニット床)
(引用2)
引用2
  • (一社)プレハブ建築協会提供資料
階上床構成の例

根太形式床(引用3)
「住宅の調査と補修 -平成28年度版
住宅紛争処理技術関連資料集-」
のCD-ROMをご参照ください
ALCパネル床(引用4,一部加筆)

デッキプレート床(引用5) 
(デッキ構造スラブ)

デッキプレート床(chord作成)
(合成スラブ構造)
引用3
  • 「鉄骨造入門 設計の基本とディテール 改訂第二版」p49(伊藤高光、古谷幸雄、武田照雄著、㈱彰国社発行)
引用4参考1
  • 「建築工事標準仕様書・同解説JASS21 ALCパネル工事」(2005年版)p82((社)日本建築学会編集、発行)
引用5
  • 「鉄骨造入門 設計の基本とディテール 改訂第三版」p51(伊藤高光、古谷幸雄、武田照雄著、(株)彰国社発行)

鉄鋼系プレハブ床(ALCパネル床)
(引用6)

鉄鋼系プレハブ床(パネル床)(引用6)

鉄鋼系プレハブ床(ユニット床)(引用6)
引用6
  • (一社)プレハブ建築協会提供資料