調査方法編

天井
天井とは、天井仕上材と天井下地構成材(※)を総称していう。
天井は小屋組や上階の床組等の構造体を隠すもので、施工方法により張上げ天井、吊天井等がある。

天井は、室内の温度調整、明るさの確保、屋根裏からの塵埃の防止等の機能を有する。
天井は構造上の荷重を負担する部分ではないため、様々な形状とすることが可能である。

天井下地構成材:吊木、吊木受け、野縁、野縁受け
<形状による天井の分類>
平天井 :水平に張り上げられた、最も典型的な天井
勾配天井:屋根勾配に沿って張られた天井
船底天井:舟の底を裏返したような形状の天井
下がり天井:天井の一部が低くなっている天井
等が代表的なものである。
<造作方法による天井の分類>
格天井:格縁天井ともいい主に伝統的な建築に用いられる。古くは正方形の格間(ごうま)に鏡板といわれる1枚の無垢材がはめ込まれていたが、現在では化粧合板にかわっている。
竿縁天井:典型的な天井形式の1つ。小屋組や梁、根太等から吊木で野縁を吊り、野縁に竿縁を取り付けてその上に天井板を乗せたもの。
目透かし天井:天井材の継ぎ目に目地をとった天井形式。
打上げ天井:天井面に余分な材を見せず、直接下地の無地の野縁に天井材を打ち付けたもの。
等が代表的なものである。

形状方法による主な天井の分類
造作方法による主な天井の分類(引用1(一部加筆))
①格天井
②竿縁天井
③目透し天井
④打上げ天井
<天井下地構成材の納まり>
  • 吊木は上部の梁や桁等から野縁を吊るための材で、約900mm間隔で設けられる。
  • 野縁は、梁や桁もしくは上階の振動や力の影響を天井面に伝えないために吊木受けから、吊木を介して取り付ける。
  • 野縁は、天井の仕上がりを左右する重要な下地材であり、竿縁天井の場合は、450mm内外の間隔とする。野縁の間隔は天井仕上材により決まることも多い。
  • 野縁受けは、野縁を支持するもので900mm内外の間隔を標準とする。
引用1
  • 「新・木のデザイン図鑑」p295((株)エクスナレッジ)中山繁信(2001年1月発行)
天井下地構成材(引用2(一部加筆))
吊木受け(引用2(一部加筆))
2階梁との取り合い
小屋梁との取り合い
引用2参考1
  • 「木造軸組工法住宅 設計・施工技術指針(2007年改訂版)」p129,130((社)日本木造住宅産業協会編集、発行)