調査方法編

床
床とは、床組により構成される水平構面と床仕上材を総称していう。
床組とは、鉛直荷重に対して十分な強度や剛性を持ち、上部の構造から伝達された地震や風等の水平荷重を垂直構面である軸組(耐力壁)を通して、確実に基礎・地盤に伝えるために設けられた構造部分をいう。
建物の構造安全上、床組や小屋組等の水平構面の剛性が不十分であると、水平荷重を垂直構面に伝達できず、一部の垂直構面に外力が集中して、耐力壁の変形・破壊を起こすため、床の水平構面には「平面的なねじれが生じない構造等であること」「劣化により構造体としての剛性を失うことがないこと」等が求められる。1階床は地面に近く湿気が多いため、シロアリや腐朽菌等による劣化に配慮する必要がある。
床は、基礎の上部に位置しており、床の不具合事象が基礎の沈下等さらに重大な不具合事象に伴うものかを、初期の段階で判別することが重要になる。
<床組の構造上の分類>
軸組工法における床組は、建築基準法施行令46条3項の規定に基づき剛性を高めることとされており(面材等を用いる場合を含む)、全体として剛性の高い床とする必要がある。
剛性の高い床組には、面材で固めることで水平構面の剛性が期待できる床組と、火打ち材で補強することによって水平構面の剛性が期待できる床組の2種類の方法がある。
階数や工法など建物の特徴に応じて床組は使い分けられる。2×4住宅や3階建ての木造住宅などでは面材を用いて剛性を高める方法を採用することが多い。
(1)
面材で水平構面の剛性を高める床組
  • 床下地板として用いる構造用面材の外周及び根太位置を下地部材に緊結し、床面の水平剛性を高める張り方である。根太と梁及び胴差の高さが同一面の場合は直接構造用面材を張る。根太と梁及び胴差の高さが異なる場合は受け材を用いて構造用面材の下地レベルをそろえる。
根太と床梁・胴差の上端高さが異なる場合の床組の取り合い
(a)根太と胴差の取り合い(引用1)
(b)根太と床梁の取り合い(引用1)
(c)床板または床下地板の施工例(引用2)
(d)根太と胴差・床梁の取り合い(chord作成)
引用1
  • 「木造住宅工事仕様書 平成28年版」p110 (図5.8.8-5) ((独)住宅金融支援機構編著、(株)井上書院発行)
引用2
  • 「木造住宅工事仕様書 平成28年版」p110 (図5.8.8-6) ((独)住宅金融支援機構編著、(株)井上書院発行)
根太と床梁・胴差の上端高さが同一の場合

(a)根太と床梁の取り合い

大入れ落し込み(引用3) 

根太受け金物(引用3)
引用3
  • 「木造住宅工事仕様書 平成28年版」p109 (図5.8.8-2) ((独)住宅金融支援機構編著、(株)井上書院発行)
(b)床板または床下地板の施工例(引用4)
(c)床下地材と根太の取り合い(chord作成)
引用4
  • 「木造住宅工事仕様書 平成28年版」p109 (図5.8.8-4) ((独)住宅金融支援機構編著、(株)井上書院発行)
根太を省略した工法(根太レス工法)

(a)床板または床下地板の施工例(引用5)
(b)床下地材と胴差・床梁および小梁の取り合い(引用5)
(2)
火打ち梁で補強することで水平構面の剛性を高める床組
  • 床下地板を根太に留め付ける張り方の床面では必要な水平剛性が得られないため、胴差又は梁と火打ち材を緊結して剛性を高める。
床板と根太の取り合い

床板と根太の取り合い構成図

断面図
引用5
  • 「木造住宅工事仕様書 平成28年版」p111 (図5.8.8-7) ((独)住宅金融支援機構編著、(株)井上書院発行)
火打ちの納まり
(a)火打ちばり(傾ぎ大入れ)

火打ちばりの納め方(引用6)

火打ちばりの姿図
(b)火打ち金物

火打ち金物の納め方(引用6)

火打ち金物の姿図
引用6
  • 「木造住宅工事仕様書 平成28年版」p108(図5.8.7-1,図5.8.7-2) ((独)住宅金融支援機構編著、(株)井上書院発行)
<木造住宅の代表的な床構成>
(1)
1階床
1階の床組は、1階床荷重を基礎に伝達するものであり、基礎の形式に応じた床組の方法がある。
1階床組の構成部材は大引き、根太、床束、根がらみ等である。在来軸組工法における土台は、柱を支える軸組の一部であるが、1階床の外周を支える部材でもある。
1階床下の湿気を排出する方法は、床下換気孔またはねこ土台を設置する方法がある。
①布基礎の場合の床組(例)
②べた基礎の場合の床組(例)
床束には、鋼製やプラスチック製のものもある。
ねこ土台:土台と基礎との間にねこ(土台と基礎との間にかいこむものの総称)を挟んだもの。
土台を浮かせて水湿を防ぐとともに、基礎に孔を設けず床下換気が確保できる工法。(引用7)
(上図は、ねこ土台による方法を示す例である。)


(2)
2階床
2階の床組は床荷重を柱になるべく均等に伝え、水平力が加わった場合には床面剛性を保って力を軸組にバランスよく流す働きをしている。
2階床組の構成部材は2階根太、床梁、胴差等である。
①根太床(単床)(chord作成) 
梁を使わずに胴差間に根太をかけて床を張る床構造をいう。廊下、縁側等に用いられる。
②梁床(複床)(chord作成)
木造の床で、梁間が大きい場合、根太を梁で受ける床構造をいう。すなわち胴差間に梁を渡しこれに直交して根太を渡して、この根太に直交する方向に床板を張る。階上床として最も一般的な構造である。

③組床(chord作成)
梁床(複床)の梁をさらに直交する梁で受ける床組の方法で、梁間、桁行が大きい場合に使われる構造をいう。

④根太を省略した工法(根太レス工法)(引用5)
梁等の設置間隔を小さくし、根太を省略して直接梁等に板厚の大きな面材を張る工法をいう。
引用7
  • 「木造住宅工事仕様書 平成28年版」p36(ねこ土台) ((独)住宅金融支援機構編著、(株)井上書院発行)
<床の仕様による床組の床倍率上の分類>
木造住宅の床組の水平方向の強さは、評価方法基準(☆1)によって、水平構面の仕様に応じ、床倍率(存在床倍率)として定義されている。
評価方法基準に定められている木造住宅の屋根構面、床構面、火打構面の仕様および存在床倍率は、下表のとおりである。

屋根・床・火打構面の仕様と存在床倍率(引用8)
注:
  • 21~29の火打金物の床倍率は、それぞれ30~38の木製火打の床倍率と同じ値である。
  • 構造用合板等の釘打ちは、特記がない限り、床構面では根太に対して、屋根構面ではたる木に対して川の字で打ち付けること。
品確法告示
☆1
平13国交告第1347号「評価方法基準」第5の1「構造の安定~」

引用8
  • 「2015年版木造住宅のための住宅性能表示(構造編)」第5版p163(表13)((公財)日本住宅・木材技術センター企画・発行)