調査方法編

内壁
内壁とは、両面が建築物の内部に面している壁枠組により構成される垂直構面と内部仕上材を総称していう。
壁枠組とは、屋根や床の固定荷重(自重)および積載荷重を小屋組や床組を通して鉛直荷重として基礎・地盤に伝えると共に、風や地震等の水平力に抵抗する役割を持つ構造部分をいう。
枠組壁工法は、水平力を耐力壁(面材を張ったフレーム)に負担させ、フレーム内の面材の抵抗で建物全体の変形を防止している。従って、耐力壁の量(壁量)が少なければ揺れが大きくなり、建物の変形量が大きくなる。
また、耐力壁の配置バランスが悪いと平面的なねじれが生じ、耐力壁の変形・破壊につながる恐れがあるので、①十分な壁量、②バランスの良い耐力壁の配置、③接合部の的確な補強が求められる。
1階土台回りでは地面に近く湿気が多いため、シロアリや腐朽菌等に侵食されにくい納まりや材料等を使用する必要がある。

内壁は、基礎や地盤等建物を支える根幹の部分に近接しており、内壁の不具合事象が基礎の沈下等さらに重大な不具合事象を伴うか否かを、初期の段階で判別することが重要になる。
内壁は、壁面がたて枠面を隠して仕上がる「大壁造り」が一般的である。
「大壁造り」としては、乾式工法と湿式工法(水を混合した材料で施工し、乾燥して初めてその工事が完成する手法(参考1))がある。
乾式工法として「せっこうボード下地壁紙張り」「せっこうボード下地化粧合板張り」「せっこうボード下地塗装」等、湿式工法として「せっこうラスボード下地塗り壁仕上げ」が代表的であるが、せっこうボード下地に、既調合の下塗り材・中塗り材・上塗り材を塗る工法で施工される場合もある。

せっこうボード下地壁紙張り

せっこうラスボード下地塗り壁仕上げ
引用1
  • 「建築大辞典 第2版」p710((株)彰国社編集・発行)