調査方法編

天   井
天井とは、天井仕上材と天井下地構成材(※)を総称していう。

天井は小屋組や上階の床組等の構造体を隠すもので、施工方法により張上げ天井、吊天井等がある。

天井は、室内の温度調整、明るさの確保、屋根裏からの塵埃の防止等の機能を有する。
天井は構造上の荷重を負担する部分ではないため、様々な形状とすることが可能である。
天井下地構成材:吊木、吊木受け、野縁、野縁受け
<形状による天井の分類>
平天井:水平に張り上げられた、最も典型的な天井
勾配天井:屋根勾配に沿って張られた天井
船底天井:舟の底を裏返したような形状の天井
下がり天井:天井の一部が低くなっている天井
等が代表的なものである。

形状方法による主な天井の分類
<平天井の分類>
平天井には、一般天井仕様と、上階よりの音を考慮した遮音のための吊り天井仕様とがある。
一般天井仕様
上階の床根太若しくは最上階の場合は、天井根太が天井下地材となる。
上階の床根太が、天井下地材となる場合は、壁との取合部に受材またはボードクリップを用いる。
吊り天井仕様
イ.
吊り木受けから野縁を吊る場合
a
吊り木受けは床根太より小さい寸法形式の木材とし、床下張材から離し、床根太間に取りつける。
b
吊り木は30㎜×40㎜以上の木材とし、1m以内の間隔で吊り木受けに取りつける。
c
野縁は30㎜×40㎜以上の木材とし、500㎜以内の間隔で吊り木に取りつける。この際、床根太に平行する野縁は床の直下に設け、床根太下面と野縁上面の間隔は10㎜以下とする。
ロ.
天井根太を用いる場合
a
天井根太は床下張り材から離し、かつ床根太と天井下地材が離れるように天井根太の下面を床根太の下面より下げて500㎜以内の間隔で取りつける。
一般天井仕様(床根太に直張りの場合)
吊天井仕様
イ.吊木受けから野縁を吊る場合
ロ.天井根太を用いる場合