消費者からの申請例【その1】
不具合に雑な補修。誠意のない事業者に激怒。

 Aさんは戸建住宅を事業者に注文し、完成後代金の支払も済ませました。引越し後、柱と壁の隙間、壁や床の傷、床鳴りなどの不具合を発見。事業者の担当者から補修の約束をもらえたものの、補修工事は一部分しかされず、仕事も雑で再度補修が必要な状況でした。担当者は言い逃れをし、慰謝料を払うといいながら払わないなど問題が絶えません。Aさんは不安を感じ事業者の本社に確認すると、既に補修工事は完了しており慰謝料の件は担当者が勝手に言ったことで会社とは関係がないと回答がありました。
 誠意のない事業者に激怒したAさんは住まいるダイヤルに相談し、専門家相談を受けて解決のための助言をもらいましたが、事業者との関係が悪化していることから自主解決は難しいと考え、住宅紛争処理を申請し事業者に補修工事と慰謝料を求めることにしました。

 第一回の審理には事業者の新しい担当者が出席、態度を改め会社として真摯に対応することと必要な補修を行うことを表明しました。Aさんと事業者の意見を聞いた紛争処理委員からAさんに対して、補修工事を条件に慰謝料の要求は取り下げてはどうかとの提案があり、Aさんは現地調査の結果と補修工事の提案内容を見て考えることにしました。

 第二回は紛争処理委員による現地調査が行われ、Aさんが作成したリストを基に、柱と壁の隙間や床鳴りなどの不具合一つ一つに対して、不具合の程度・施工状況などについて専門家である紛争処理委員により検査機器で確認がされました。途中途中で、委員からAさんにもわかるように説明がなされ、原因は施工の不手際であろうという指摘がありましたが、これに対し事業者も素直に非を認める発言をしたため、Aさんの事業者へ対する信頼もある程度回復した様子でした。

 第三回の審理では、事業者から補修方法の具体的な提案と確実な実行が約束され、紛争処理委員から妥当な結論であるという考えが示されました。これによりAさんも事業者の姿勢を評価して慰謝料は要求しないことを表明し、合意がなされました。この合意を調停案としてまとめ、第四回の審理で調停書への調印がされたことで申請から6カ月で紛争処理は終結しました。

<まとめ>

 住宅紛争処理の申請が、相手を交渉のテーブルに着かせ真摯な対応を引き出したと考えられます。裁判と違って争いではなく円満解決に向けた双方の歩み寄りで信頼関係を構築できたので、今後も円満な関係が維持されることが期待されるケースです。

※フィクションです。

<< 戻る

ページのTOPへ