住宅の調査と補修

住宅紛争処理技術関連資料集

2016年10月1日

「平成27年度版 住宅紛争処理技術関連資料集」(以下、「技術関連資料集」という)は、住宅に不具合があった場合に、住宅事業者等の皆様が、その発生原因を特定するための調査、それに応じた適切な補修方法の検討、補修工事に必要となる費用の検討を行う際に、参考とすることができる資料です。

「技術関連資料集」は全12冊からなり、住宅の構造別に調査方法、補修方法、工事費用等にまとめられています。

また「技術関連資料集」は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく建設住宅性能評価書が交付された評価住宅及び「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」に基づく保険付き住宅に係る紛争において、指定住宅紛争処理機関が迅速かつ適切な解決を図るために、当財団が指定住宅紛争処理機関への紛争処理支援業務の一環として提供するために作成を行ってきたものです。

「技術関連資料集」は、こちらより閲覧できます。

調査委方法編・機器使用方法編 不具合事象の発生原因を特定するための調査方法と調査機器の使用方法 補修方法編・工事費用編 不具合事象の発生原因に応じた補修方法とその工事費用の算定方法

更新情報:平成27年版では、特に、タイル張り外壁における調査及び補修方法についての記述の追加・見直しを行うとともに、10件の「補修方法の内容の解説(補修方法シート)」をあらたに追加しました。また、仕様書等変遷編において、(独)住宅金融支援機構の「木造住宅工事仕様書(平成12年~27年版)」、「枠組壁工法住宅工事仕様書(昭和49年~平成27年版)」及び(独)都市再生機構の「工事共通仕様書(平成12年版)」の仕様の変遷をあらたに整理し追加しました。

※ ここでは、「技術関連資料集」の抜粋を掲載しています。
全体は最新の「平成27年度版住宅紛争処理技術関連資料集(CD-ROM版)」でご覧頂くことができます。
※ 転載の承諾を得られなかった箇所に灰色の網掛けをしております。
網掛け部分の内容は「平成27年度版住宅紛争処理技術関連資料集(CD-ROM版)」でご覧頂くことができます。
「平成27年度版住宅紛争処理技術関連資料集(CD-ROM版)」を希望される方はこちらで購入方法をご確認ください。

ページのTOPへ