住まいるダイヤル
共同住宅編

1. 新築分譲マンション事例1

新築マンションに入居してから、咳が止まらない。専門機関を紹介してほしい

回答

シックハウスの可能性があります。
室内化学物質の測定機関をご紹介します。

住まいるダイヤル相談員

「シックハウス」とは、建材や内装材に使われる化学物質や住宅の高気密化が原因となり、住む人に、目や喉の痛み、頭痛、めまい、鼻水、吐き気など、さまざまな体調不良を引き起こすことをいいます。新居に入居してからこのような症状になり、家を離れれば楽になるという状態であれば、家が原因になっている可能性は考えられます。室内化学物質の測定機関をご紹介しますが、住宅内にある化学物資はホルムアルデヒドだけではないため、場合によってはもっと詳しい検査が必要になるかもしれません。シックハウスの原因となる材料を特定するためにも、入居してから体調不良になったことを売主に申し入れ、部材仕上げ表などの資料を入手したほうがよいでしょう。中には防虫剤や殺虫剤のような薬剤や持ち込みの家具もシックハウスの原因となることも。室内の化学物質を減らすうえで、最も効果的なのは換気です。24時間換気システムが採用されているはずですので、機能しているか確認してみてください。

さらに、アドバイス!

  • 24時間換気システムはシックハウス対策として設置されています。生命維持(健康維持)のために新鮮な空気は重要で、結露防止やにおいの排出にも効果があります。24時間換気を止めないようにしましょう。
  • 24時間換気システムが入っていない住まいは、対面の窓を開け、空気の通り道をつくり、カーテンや家具で空気の流れを遮断しないような工夫をして、充分に換気をしてください。

その他のトラブル

戸建住宅編 トラブル事例8

リフォーム業者に不具合などを指摘したが、現場担当者は対応してくれない。補修を求めたい

戸建住宅編 リフォーム

詳しく見る
共同住宅編 トラブル事例2

台風で地下駐車場が浸水し、車が被害を受けた。損害賠償を請求したい

共同住宅編 新築分譲マンション

詳しく見る