やさしい日本語
メニュー

財団紹介

電話相談員(嘱託)募集

募集内容等

当財団は、国土交通大臣から「住宅紛争処理支援センター」の指定を受け、様々な業務を行っています。そのひとつとして、消費者等からの住宅相談にお答えする「住まいるダイヤル」を設けています。相談件数は、年間約4万件にも及び年々増加していることに伴い、新たな相談員を募集します。

業務内容

住宅に関する消費者等からの電話相談に対する助言、情報提供等の対応及び相談内容の記録(記録システムへの入力作業)

(主な相談内容)

  • 新築住宅やリフォーム後の不具合や契約等に関するトラブル相談
  • 住宅の取得やリフォーム工事に関する建築技術、法令、制度、税制等に関する相談
  • 賃貸住宅の契約等に関する相談
  • マンション大規模改修、建替え等に関する相談
  • 消費者から送付されたリフォーム工事の見積書、図面等のチェックと助言
  • 全国の弁護士会で行う対面相談や住宅紛争処理(ADR)の案内等

採用条件

  • 一級建築士の資格をお持ちの方

歓迎条件

  • 住宅の設計・工事監理の実務経験が豊富な方
  • マンションの大規模改修工事に関する実務経験をお持ちの方
  • 住宅の相談に関する実務経験をお持ちの方
  • 住宅関連の検査員の実務経験をお持ちの方
  • 住宅設備に関する知識が豊富な方
  • Word、Excelの基本的な操作、入力ができる方

求める人物像

  • 人と話すことが好きな方
  • いろいろなことに興味をもつ好奇心旺盛な方
  • 新しいことを吸収する柔軟性がある方

募集人員

  • 4名

採用予定日

  • 令和4年4月1日 なお、それ以前の採用も可(時期については応相談)

雇用条件等

勤務地・勤務時間等

東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル3階

JR市ヶ谷駅徒歩5分
東京メトロ有楽町線・南北線・都営新宿線 市ヶ谷駅A4出口徒歩1分

勤務時間
9:30~17:30(昼休み1時間)
年間数回程度、研修のための残業(1時間程度)があります。
電話相談の受付時間は、平日の午前10時から午後5時までです。
出勤日数
週3日又は4日勤務
(初年度は、週3日の勤務となります。翌年度以降は希望を踏まえて応相談。
出勤曜日は1年間固定。月曜日又は火曜日のうちどちらかの出勤は必須。残りの日数の出勤曜日は応相談。)
当財団の休業日は、土曜日及び日曜日、祝日並びに年末年始(12月29日~1月3日)です。
研修
採用後2週間は、週3日(計6日間)講義形式の研修を行います。その間は、指定日に出勤して頂きます。その後は、OJTによる研修を行います(約半年間)。
その他
政府の緊急事態宣言等の発令に伴い出勤人数を制限する場合、休業を命ずることがあります(休業の場合の手当支給有り。)。

給与・待遇

有期雇用
1年単位。更新可。最長で満68歳まで働けます。無期転換制度有
日給月給制
日額 基本給12,000円+資格手当3,000円+相談実務手当(最大7,000円)初年度日額15,000円~17,000円(採用前の経験年数による)
交通費支給(月55,000円まで)
社会保険
週3日勤務:雇用保険、労災保険
週4日勤務:雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険、企業年金

休暇

年次有給休暇
出勤日数に応じて付与。半日単位又は時間単位での取得可
週3日勤務:初年度年間6日
週4日勤務:初年度年間8日

応募方法等

応募方法

応募される方は、履歴書と職務経歴書を下記にお送りください。
(なお応募書類は、当財団で責任廃棄するものとし、返却いたしませんのでご了承ください。)

〒102-0073
東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル3階
公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
相談員採用担当 宛

応募期間

令和3年 8月27日(金)~令和4年1月21日(金)

選考

応募書類到着後、概ね2週間以内に書類選考の結果をご連絡いたします。
書類選考を通過された方は、適性テスト(自宅)、筆記試験と面接試験(当財団)を受けていただき、これらによる選考通過者には2次面接があります。

職場環境

職場環境

相談ブースで相談を受けます。

職場環境

ミーティングや休憩に利用します。

  • 50~60代の方が活躍しており、男性6:女性4の割合です。
  • 約3割の方が、10年以上勤務しています。
  • 入社後は、約6日間にわたり関連法規や相談事例を学び、電話対応や相談記録システムへの入力方法等を習得し、その後は教育担当相談員のフォローのもとOJTで慣れていきます。
  • 最初の研修を終えた後も、定期的な研修や内部のミーティングの他、資格取得等のためのスキルアップ支援制度があります。
  • 週3日又は4日の勤務のため、他の仕事との兼業が可能です。
感染対策

<感染対策>

  • 座席間の距離をあけ、飛沫防止のパーテーションを置いています。
  • 各所にアルコール消毒液を置き、手指消毒を徹底しています。
  • 本人や家族が新型コロナと疑われる症状の時は、特別休暇(有給)としています。

参考情報