住まいるダイヤル
戸建住宅編

1. 新築注文住宅事例4

ヒートポンプ給湯機の低周波音や振動が気になり住み続けられなくなった

回答

まずは移動や交換が可能か、施工業者に相談を。
移動する場合は、据付ガイドブックが推奨する設置方法で。

住まいるダイヤル相談員

家庭用ヒートポンプ給湯機に関する苦情のひとつに、低周波音があります。施工業者が事前に誤った説明をしていたり、給湯機自体の据付説明書に記載された方法と異なる設置を行っていたりした場合には、その責任を問える可能性があります。しかし、施主が特に希望して設置場所を決定していた場合は、責任を問うことは難しくなります。業界団体の据付ガイドブックでは給湯機を移動させる場合、施主や隣接する家の寝室の傍に設置することは避けること、近辺に窓や床下通気口など音の侵入口があれば極力距離を置いて設置することなどが推奨されています。施工業者と協力して、給湯機の移動や交換が可能か、仮住まいにかかる費用負担をどうするかを相談、交渉してはいかがでしょうか。

※「騒音等防止を考えた家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック」
(一般社団法人日本冷凍空調工業会)

さらに、アドバイス!

  • 低周波音の出にくい給湯機への交換も検討しましょう。
  • 消費者庁のWEBサイトで公表している、「家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により不眠等の健康症状が発生したとの申出事案」についての報告書も参考にしてみてください。
    https://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_002/

その他のトラブル

戸建住宅編 トラブル事例3

雨漏り補修を2回したが直らない。瑕疵担保責任保険の直接請求をしたい

戸建住宅編 新築注文住宅

詳しく見る
戸建住宅編 トラブル事例5

2年前に引渡しを受けた木造建売住宅。新築と思っていたが、未入居で1年経過した物件だった

戸建住宅編 新築建売住宅

詳しく見る