住まいるダイヤル
戸建住宅編 トラブル事例12
建築条件付き土地の場合
建築条件付土地:一定期間内に、指定された建設業者で家を建てる条件が付いた土地のこと。

土地の売買契約と同日に工事請負契約も締結。フリープランのはずが聞いてくれない。

建築条件付土地の売買契約で土地を購入し、同日に工事請負契約を締結。フリープランと聞いていたが、変更希望に回答してもらえず、見積りも遅い。それなのに確認申請書に押印しないと完了予定日に間に合わないと迫られている。

「フリー=何でも思い通り」という訳ではありません。

建築条件付土地の場合、フリープランといっても、数種の標準プランからの選択や、標準プランをベースにした手直し程度であることがほとんど。大幅な変更は工事費用が増えて、予算を超えるトラブルに発展することもあります。そのため、工事請負契約はできれば土地の売買契約と分けて結びましょう。また、工事開始までの期間が一般的に短い(約3か月)ことにも注意しましょう。

同時契約はトラブルの元

土地の売買契約と工事請負契約

売買契約と同時に工事請負契約を結ぶと、金額や設計内容が不明なままの契約となり、トラブルの元です。設計内容・費用総額を確認し、納得してから工事請負契約を結びましょう。

ポイント
  1. 設計や工事などのスケジュールをよく知ったうえで、土地を購入。
  2. 設計は、どの程度自由に変更できるか確認。
  3. 設計内容や費用総額を確認し、納得してから工事請負契約を結ぶ。
戸建住宅編 トラブル事例11

引渡し後の不具合補修が進まず、ずっと仮住まい。

詳しく見る
戸建住宅編 トラブル事例13

隣の家の方が気に入ったので、そちらに変えたい。

詳しく見る